白髪の原因と予防

なぜ白髪は生えてくるのでしょうか?最近になって白髪になってしまうメカニズムは解明されつつあるそうですが、対策法はまだこれから

加齢による白髪は防ぎようもありませんが、栄養不足・血行不良などによるものなら予防することもできそうです。白髪の原因と、予防法について書いています。

 

このカテゴリの記事一覧

黒髪スカルプ・プロ シャンプー

使うたびに少しずつ色がつくシャンプーは以前からありますが、白髪が増えにくい頭皮環境を作ろう、というシャンプーはあまり無かったように思います。

薄毛・抜け毛の原因のひとつに、シャンプーのダメージがあるのは ノンシリコンシャンプーの普及などで段々知られてきました。

頭皮を健康な状態にする、という意味では、頭皮環境の改善は、白髪の予防にもなるのかもしれないですね。

そんな事を考えていた折り、白髪を増やさない地肌を作ろう、という「黒髪スカルプ・プロ」というシャンプーを見つけたので、試しに使ってみることにしました。

続きを読む

 

身体を冷やすと、白髪が増える?

白髪になる原因は、加齢が一番だと思います。親や親類に白髪の多い人がたくさんいると、白髪になりやすいことから、遺伝も大きな要因のひとつといえます。

加齢や遺伝が原因だと、もう防ぎようはないのかという気持ちになりますが、もうひとつ白髪が増えやすい生活習慣というのもあります。

家族を見回しても自分だけが白髪だという場合は、生活習慣を改善する必要があるかも。

続きを読む

 

白髪を防ぐサプリメントもある

黒かった髪が白髪になるメカニズムは、わりと最近になって解明されました。これからもっと研究が進めば、白髪が生えてこなくなる薬やサプリメントも発売されるかもしれません。

でも今のところは、髪の育成に役立つと考えられる栄養素のサプリメントを摂りいれておくことしかなさそうですね。

白髪を防ぐことが出来ると考えられているサプリメントには、どんなものがあるんでしょうか。

続きを読む

 

食べ物で白髪は防げる?

50代になっても、白髪が全然生えてこないという人もいれば、当サイトの管理人のように、10代の頃から白髪があったという人もいます。

育った環境などの違いがありますから、個人差があるのは仕方ないとして、その違いは何かに気を付けることで、改善や予防ができるものなんでしょうか。

白髪が生えてきやすい人は、親族の中にやはり白髪が多い人がいるように感じます

 

薄毛と同じで、遺伝による影響が最も大きいのだろうか、と思うのですが、実は遺伝が一番大きな原因、という根拠はないそうですね。

たしかに、同じ遺伝子を持っていても、白髪の生え方は違う場合もあります。

実際に、私は10代の頃から白髪がありましたが、私の弟妹は、30代の後半まで白髪は生えていませんでした。

続きを読む

 

白髪を防ぐ身近な方法は

黒かった髪が白髪になる仕組みは、2009年に解明されました。

原因は「色素幹細胞」がなくなってしまうことで、研究結果によると、色素幹細胞のDNAが損傷を受けることで、白髪が発生するそうです。

 

17型コラーゲンというものが、白髪と脱毛を抑えることが分かったとか。
>>東京医科歯科大学 プレスリリース

白髪になる仕組みが分かれば、予防や治療に役立つのでしょうから、将来は白髪を防ぐサプリメントなどが発売されるのかもしれませんね。

色素幹細胞のDNAが損傷する原因はさまざまあります。一番大きなものがやっぱり「加齢」。

続きを読む

 

育毛剤で白髪を予防できる?

白髪と同時期に起きる髪の悩みに、薄毛・抜け毛があります。

若白髪の人にはピンとこないかも知れませんが、40代になると白髪が増えると共に、髪がだんだん痩せてきて薄くなってきます。

ただでさえ、白髪が増えてがっかりしているところに髪が薄くなるのは、本当にイヤなものです。

「年をとったなぁ」としみじみ感じますね。

続きを読む

 

どうして黒髪が白髪になるのか。

髪の毛は一度生えたら抜けないというわけではなく、一定期間を経て自然と抜けます。

この時、毛根にある「髪の毛に色をつける組織」も一緒に抜けてしまいます。

通常は、つぎの髪が生えてくるときに、髪に色をつける組織もまた再配置されるそうです。

それがされないと、白髪が生えてくるわけですね。

黒髪が抜けて次に生えてきた髪が白髪の場合、再配置されるはずだった「髪の毛に色をつける組織」が配置されなかった、ってことになります。

そうやって白髪って増えて行くらしいです。

再配置されない理由は「加齢」が一番大きいらしいんですが、肌は艶々してて若々しいのに白髪が多いなど、一言で「加齢」では納得がいかないこともありますよね。

続きを読む

 

白髪を予防できる時代が来る?

白髪の研究は長年続けられてきましたが、医学的に解明はなかなかされてきませんでした。しかしここのところ、色々な角度から研究が進み、解明に向けて前進しているようです。

成果のひとつには、京都大学の研究グループが「色素幹細胞毛」を発見したことがあります。

 

「色素幹細胞毛」というのは、髪の毛に色をつける働きをする色素細胞の元になると「いわれていた」もの。今までは理論的にある、とされていたのですが、実際には存在が確認されてはいなかったんだそうですよ。

続きを読む

 

ポリフェノールは白髪も予防してくれる?

白髪の予防に良いとされている食べ物の中には、ポリフェノールを多く含む食品が多くあります。

実際、ポリフェノールには老化に逆らう抗酸化作用があるといいますし、白髪は老化現象のひとつなのですから、確かに効きそうです。

ポリフェノールが多く含まれている食品をたくさん摂ろうと思っても、実際にはなかなか難しいですよね。

たとえば赤ワインを毎日ガブガブ飲むわけにもいきませんし。でもロート製薬から発売されている「聖樹のチカラ」はなかなか良さそうです。

続きを読む

 

育毛剤で白髪が減った?

「育毛剤を使うようになったら、白髪が減った」という話を聞くことがあります。私の知人のご主人もそうでした。

耳寄りな話なのであれこれ調べてみましたが、どうやらはっきり関係あるとは言えないようですね。

白髪は毛根にあるメラニンが減少して生えてきます。加齢により減少するもので、どうやったらまた増やすことができるのかはまだ解明されていないそうです。

しかし研究によると、X7型コラーゲンというものが体内で不足すると、薄毛・白髪の原因になるということがわかっているそうです。

ひとつの物が不足することで、薄毛・白髪の両方が起きるのだとすれば、もしかしたら薄毛の対応策が白髪にも効果を発揮することも、十分考えられそうですね。

続きを読む

 

白髪は40代半ばから急に増える、のが一般的。

急に増える白髪

私は体質で、若いころから白髪が生えてました。

小学生の高学年のころにはもうあって、学校の先生に「あらっ、この子白髪がある!」って驚かれたのを覚えてます。

きっと30代くらいになったら真っ白になってしまうんだろうなと思っていましたが、予想に反して、染めなくてはと思う程度に増えたのは、30代後半になってからでした。

続きを読む

 

頭皮をマッサージして白髪を予防

髪の毛に色をつけているのは毛根に配置されている「メラトニン」という色素細胞です。

この「メラトニン」は髪の毛が抜けるときに、なぜか一緒にいなくなってしまうんだそうです。

それで、次の毛が生えるときにまた配置されるのですが、これまたなぜだか配置されない場合があるんです。

そうすると白髪が生えてくるというわけです。

その「なぜ配置されないのか」が、現在ではまだ解明されていないそう。早く解明して、白髪自体が生えてこないようになるといいですね~。

 

続きを読む

 

正しい生活習慣で、白髪を予防

白髪を予防するとしたら、どんな方法があるでしょうか。

白髪が生える仕組みは解明されつつあります。

>>身近な老化現象である白髪がおこる仕組みを解明
 (国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所)

 

すごく難しい話ですが、結局「これ」という予防法は今のところないんですよね。でも、一般的に効果があるとされている方法はあります。

簡単にはしょって言うと、

  • 新陳代謝を上げること。
  • 適度な運動をし、ストレスを溜めないこと。
  • 体によい物を食べてぐっすり眠ること。

白髪予防の方法というよりダイエットの話みたいですね(笑)

続きを読む

 

何が原因で白髪になるの?

一般に白髪の生え始める時期は30代後半から、だそうです。それより前に生えてきた人は、所謂「若白髪」というわけです。

白髪のできるメカニズムはある程度はわかっているそうですが、どうしたら予防できるのかはわかっていないそう。

もう少し研究が進めば、予防も出来るようになるのかも。

でも現時点では、もはや生えてしまった白髪は、残念ながら染めるしか方法がないんです。残念ですね。

続きを読む

 
 

このページの先頭へ戻る