ビゲン白髪かくしヘアマスカラ

ビゲンから発売されている、マスカラタイプの白髪隠しがとても使いやすくなった、と聞き、どんな感じなのか使ってみることにしました。

マスカラタイプときくと、スクリューブラシのような形状を思い浮かべます。

 

でもビゲン白髪かくしヘアマスカラは、ちょっと形が違ってました。

こんな感じで、マスカラというより、コーム型なんですね。細く幅のあるコームの間に、スポンジが挟まっていて、液はそのスポンジに浸みこんでいます。

さっそくこの白髪に使ってみます

部分染めで対処するには、かなり伸びてますけど・・・
塗ったところが分かりやすくていいかな^^;

液はすぐに乾くように出来ているのか、揮発性の匂いがします。けっこう水っぽいというかサラサラしているので、最初はよく振って、液を混ぜ合わせてからコームを抜いた方がよさそう。

スポンジ部分に液がたくさんついているのを確認しつつ、白髪の部分につけていきます

これがね~、やりやすい!マスカラタイプや筆タイプは、けっこう髪を巻き込んでしまうんですよね。

だから場合によっては、セットした髪が乱れちゃうんだけど、液がついてるから指で触るわけにいかず・・・ってなることがあるんですけど、これは全くそんなことがありませんでした。

一か所にべっとりつかないし、よほど液をたっぷりと取りだそうとしないかぎり、垂れて床に落ちる、なんてこともありません。

そして、何度も同じところをなぞらなくていい。一気に色がつくから、早い早い。髪をセットしたあと、目立つ白髪の部分だけに使うなら、本当に5分とかあれば十分隠れちゃうんじゃないでしょうか。

液もすぐに乾き、乾いた後は触っても指につきにくかったです。

これは確かに使いやすい!と思いました。

 

さて塗ってみるとこんな感じです。液がついてるところは、しっかり隠れてるでしょう?

仕上がりは見た目にも自然だし、コームが細いので、色が生え際までしっかりついてくれます。これなら、白髪を気にせず外出できますね。

つけたところがパリパリにならず、しっとりしている点も良かったですね。これは椿オイルを配合しているためみたい。

徐々に色が入るタイプではないので、シャンプーしたら元の白髪に戻ります。

これはなかなか、使えるぞと思いました。髪をまとめた後、目立つところだけ色をつけておきたい、という人にすごくピッタリだと思いました。

 

スクリューブラシタイプの部分染めより、扱いやすいしたっぷりと色がつくので、

「部分染めで間に合うくらいしか白髪がないのに、使いやすいものがないなぁ」

と思っていた人にお勧めしたい!と思う白髪隠しでした。

私は近所のドラッグストアで、すぐ見つけて買えました。買いやすいのもいい点だと思います。

ただ、こういう製品って入れ替わりも激しいので、お店で見なくなるのも早いので、その点がちょっと心配といえば心配かな。

もし近くのお店で見つからなかったら、Amazonで探してみるといいですよ。

 

こちらもどうぞ

スカルプDボーテ ヘアマスカラ

育毛シャンプーなどで有名なスカルプDボーテシリーズの、白髪の部分染めです。 名前はヘアマスカラなんですけど、形状はマスカ...

 

このページの先頭へ戻る