シーラボ白髪かくしボリュームパウダー

黒いパウダーと定着スプレーをセットで使うタイプの部分染めが増えてます。

広範囲の白髪を隠すのと同時に、地肌が目立つのも防げるから、白髪と薄毛の両方に悩んでる人にピッタリ。

以前使ってみたものは値段が高かったのよね。

でも、ドクターシーラボから同様の製品が発売されてるのを知り、使ってみました。

前使ったものはセットで1万円以上しました。今はもう少し安くなってるかも知れないけど。シーラボのはセットで買っても税込5,270円。

 

単品だと下記の通り。別々に買うと、ちょっと割高になるのね。

ちなみにパウダー単品は、税込み4,644円

 

スプレー単品は、税込み1,944円です

 

使う順番を間違わないように、製品自体にstep1,2と書かれているのがちょっと面白かった(笑)

 

パウダーは褐色の細かい粒子で、ボトルと一体型になってるパフで、白髪と地肌が目立つところにトントンとつけます。

その後、パウダーが降り落ちないように専用スプレーで定着させる、というもの。

隠したい部分の広さとか、白髪の長さとかによっても、パウダーやスプレーを使う量は違ってくるでしょうね。

そう考えると、パウダーとミストが別売りなのは都合がいいのかな。どっちかが先に無くなる、ってパターンもありそうですもんね。

 

さてこの白髪に使ってみます

 

私は薄毛はあまり気にしていなかったんですが、こうして見るとけっこうキてますね・・・

白髪染めだけではこの地肌は隠しようもないけど、パウダーをうまく使えば、ボリュームアップして見せることが出来るはず。

パフ付きのボトルで、トントンと白髪・薄毛が気になるところにつけていきます。

かるーく叩いたくらいでは色がつかないので、だんだん激しく打ち付けるようになりました

パウダーが細かいのか、あまりしっかり色が残らない感じがします。かなり長くトントンと付け続け、やっと白髪が目立たなくなった、と思うところでやめ、定着スプレーをつけました。

 

仕上がりはこんな感じです

 

白髪より、透けて見えてた地肌の方が目立たなくなったな、と感じました。

パウダーが髪にしっかり絡んでくっついてくれなかったような・・・

定着させるためのスプレーも、あまり強力じゃないみたいで、乾いてからも手で触るとちょっと色がついたりしました。

悪くないんだけど、ちょっと惜しいなぁ・・・と思う点が多かったですねぇ。リピはないかな。

と、いうのも、先に使ったことがあるアートネイチャーの同タイプのものが、とても良かったからなんですよね。

 

アートネイチャーのは、もっと粉がしっとりしてて、髪に細かく絡んでくれる感じでした。だから髪の色と粉の色が全く同じじゃなくても、染めた髪と元の黒髪の段差が出てるように見えました。

それだと不自然ではないから、気に入ったんですけどね~

でも価格が高いのがネックだなと思ってたんです。だから値段が手ごろなシーラボが、同じような仕上がりになれば・・・と期待したんですけどね。

地肌が透けるのは隠せるから、白髪より薄毛が気になってる人にはいいかもしれませんが、白髪の隠れ具合がちょっと。

仕上がりがね、写真の通りで。

もちろん、そのまま白髪ってわけではありませんが・・・ちょっと自然とは言い難い。

私の髪の色が赤いので、ブラウンの方が良かったのかも?とも思います。パウダーが細かくて、サラサラしてるからなのかな。

地肌は隠れるんですが、白髪にはうまく絡まなかったように感じました。

 

そんなわけで、自分がリピートして使うなら、少し値段が高くても、アートミクロンの方が良かったな、と思いました。

値段はこちらの方が安く、販売している場所も多いので、このタイプを試しに使ってみたい、という場合に、試してみるといいかもね。と感じた部分染めでした。

シーラボ ボリュームパウダーの
公式ページはこちら

 
 

こちらの記事も読まれています

アートミクロン

アートネイチャーから発売された、白髪・地肌隠しの「アートミクロン」。 「キリがない白髪染めにさよなら」というキャッチフレ...

シーラボ ヘアカラートリートメントスピード3

ドクターシーラボの白髪染めは、だいぶ以前に使いました。 15分の待ち時間で色は入りやすかったんですが、次の日のシャンプー...

 

このページの先頭へ戻る