部分染め・白髪隠し

髪全体を染めるほど白髪がない、という場合や、出かけるときだけ目立つ白髪を隠したい、という場合に使うと便利です。

ここでは、私が使ったことがある部分染めや白髪隠しを紹介しています。

 

体験記一覧

 

ちょっとした白髪なら染めるより隠した方が便利ですね。

定期的に白髪染めをしている人でも、白髪染めの頻度を落とすため、また全体を染めるほどでもない場合は、部分染めや白髪隠しを利用することがあると思います。私も、生え際の白髪が目立つ程度なら、部分染めや白髪隠しを使うようにしています。

ちょっと前までは、べったりとペンキを塗ったようになる白髪隠ししかありませんでしたが、最近は自然に仕上がる製品が増えています。

また、すぐに乾いて手につかないとか、使っているうちに少しずつ白髪に色が入るもの、白髪だけでなく薄くなった地肌を隠してくれるものなど、色々な機能がある白髪隠しや部分染めがあり、便利になったなぁと感じています。

白髪隠しの形状も、以前からよくあったマスカラタイプのもの、筆タイプのもの、ブラシつきのものと色々あります。髪の生え際に使うのか、頭頂部に使うのか、カバーしたいのが細かい部分か広い部分かによっても、選ぶべき部分染め・白髪隠しは変わってきます。

値段も安いものからけっこうお高いものまであるので、自分が気になる部分に使うのにピッタリな製品を選ぶと良いと思います。

 
 

このページの先頭へ戻る