ヘナ配合の白髪染め

インド原産のヘナは、太古からボディアートや布地などの染料として使われてきた植物です。粉末状のものをお湯で溶いて使います。

少し手間はかかりますが、白髪が染まるだけでなく、傷んだ髪の修復や頭皮クレンジング効果もあり、美髪を目指す人に人気です。

 

体験記一覧

 

白髪を染めた後の色を均一にするならヘナが良いかも?

ヘナは、インドで古くから治癒薬、装飾につかわれてきた薬草でした。紀元前にはエジプトでも使われていたという記録があるそうで、クレオパトラも染毛に使っていたといわれています。

ヘナで白髪が染まるのは、ヘナの原料である葉に含まれている、ローソニア成分が髪のタンパク質と結合するからです。ただし、ヘナにより白髪に入る色はオレンジ色で、黒褐色に染めることはできません。

ヘナで髪を黒褐色に染めるには、ヘナで染めた後、インディゴで重ね染めするか、ヘナに少量のジアミンを配合した染料を使います。

管理人は、トリートメントタイプの白髪染めを日常的に使っていますが、髪の色を均一にする必要がある時には、ヘナを使った白髪染めで染めています。

トリートメントタイプに慣れてしまうと、ヘナはやはり手間がかかるなぁと思いますが、髪の手触りや頭皮の状態は、とても良くなります。

白髪に色を入れることよりも、頭皮ケア・毛髪ケアに重点を置きたい人には、ヘナはピッタリだと思います。

ヘナを使っている白髪染めにも、中には100%天然ヘナ、ヘナ配合のケミカル白髪染め、ヘナも配合した天然成分白髪染めと種類は色々あります。

 
 

このページの先頭へ戻る