利尻ヘアカラートリートメント

髪や地肌を傷めずに染められる白髪染めは、ここ数年で本当に増えました。

利尻ヘアカラーは、その中でもわりと初期に発売された製品だと思います。

もともと、髪を染料でコーティングするヘアマニキュアタイプで、白髪に色が入りやすいのが特徴でした。

現在は髪のキューティクルのスキマにも染料が入り込むようになってて、より色が残りやすくなったと聞きます。

どんな感じなのか、染めてみましたよ。

 

ボトルの見た目は発売当初から全く変わらず。でもちょっとずつリニューアルされているんだそうな。

利尻ヘアカラートリートメント ボトル

 

この白髪を染めますよ

 

液はほどよい固さで、髪にしっかりとどまり、垂れてきません。

 

シャンプー後にタオルドライして、髪に塗布して10分ほど放置。白髪が伸びて、目立ってから使うなら、最初は20分程度置いた方がいいと思います。

利尻ヘアカラーはシャンプーする前の、乾いた髪にも使えます。その場合も放置時間は10分くらいでいいんですが、もっと長く、20分から30分くらい放置しておくと、より色が強く入ります。

乾いた髪に使う時は、放置時間にシャワーキャップをかぶっておくと、より色が入りやすいのでおすすめです。

この点が、利尻ヘアカラーと、それまで主流だった製品との大きな違いだったんですよね。

 

利尻ヘアカラーが発売される前に主流だったヘアカラートリートメントって、乾いた髪に塗って1時間くらい放置しなくてはならなかったんですよ。

ピュアハーバル・ヘアカラーレフィーネとかそうでした。

でも利尻ヘアカラーは、シャンプーしてタオルで水気を切った髪に使えて、待ち時間も10分程度と短かった。その上、それまでのものより色がしっかり残るんで、画期的だったんですよね~。

 

さて、10分放置後すすいで、乾かしました

入りましたね~。

個人的には、カラーコンディショナーで3回染めた、くらいに1回で染まったな、と感じます。

 

最初に使った時は、利尻昆布由来のフコイダンを配合している、ってことで、ヌルヌルしたり昆布の香りがしたりするのかな?と思ったんですけど、そんなことはありませんでした。

昆布の成分を配合した白髪染めは、今ではたくさんありますけど、利尻はその草分け的存在だったんですよね。

昆布の香りもしない代わりに、甘いお花の香りもしません。だから男性でも使えます。香りがないカラートリートメントって実は少ないので、その点は貴重かなと思います。

 

ところで、色がより入りやすくなった分、指や爪にも色が残りやすくなったようにも感じます。なので、使う時にはコームか、髪染め用のブラシを使った方がいいと思いますね。

手指や爪の中に色が残っちゃうと汚く見えるし。食品関係や、接客業でお勤めの方は、特に注意した方が良さそうです。

 

利尻ヘアカラートリートメントの髪の補修力は、もともとはそんなに高くはなかったんですけど、ダメージ補修・保護成分の配合量を増やしたようですね。

加水分解ケラチン・シルク・コンキリオンというトリプルPPT配合でダメージの補修を高め、ヒアルロン酸・デンプンポリマーで保護力を高めています。

発売当時の利尻ヘアカラーは、マニキュア効果で即効性のツルツル感はあるけど、髪を根本的に補修する力はなかったんですよね。

その点も改善されたんだなって思います。ただ、髪の表面を着色するヘアマニキュアであることに変わりはないので、使うのをやめてシャンプーを続けるとだんだん色が落ちて、元の白髪に戻ります。

そしてコーティングすることにも変わりはないですから、使うのを続けてる途中で、ヘナやレフィーネのような、浸透系の白髪染めに変更しても色が入らないので、その点は注意が必要ですね。

利尻ヘアカラーは、ジアミンや脱色剤入りの白髪染めで、髪も地肌もボロボロ・・・だけど白髪はしっかり隠れてくれないと困る、という人に向いてる白髪染めだなと思います。

利尻ヘアカラーの公式ページは
こちら

 

洗うだけで白髪が隠れるシャンプーもおすすめ

同シリーズの、白髪染めシャンプーもおすすめ

白髪染めに時間がかかったりするの、ぜったいイヤという人にも。シャンプーなので待ち時間もないし、普通のシャンプーと同じように使っておけばOK。

どんなにめんどくさがりでも、シャンプーはするもんね。

 

白髪を目立たなくさせるには、カラートリートメントを数日おきにして、通常はこのシャンプーで洗ってもいいと思いますよん。

同じメーカーの製品なので、同じ色を選んでおけば、ムラになる心配もないですね。

理想的なのは、シャンプーとヘアカラートリートメントを併用しておくことですかね。トリートメントは毎日使わず、数日おきに使えばいい。

通常は利尻シャンプーで洗っておいて、髪の先にだけ、好きなコンディショナーを使って保護しておけばいいと思います。

そうやっておけば、伸びてくる白髪が目立たないから、気にならないんじゃないでしょうか。

白髪の量が少ない人なら、シャンプーだけでも目立たなく出来ると思いますね。白髪が多いと、カラートリートメントを全く使わず十分な褐色に染めるのはムリですが、目立たなければいいならシャンプーだけでも充分かなと思います。

数日おきに使うものはかえって面倒だという人や、白髪トリートメントだけでは、なんとなく物足りない、という人におすすめだと感じる白髪用シャンプーでした。

利尻カラーシャンプーの公式ページは
こちら

 
 

こちらの記事も読まれています

ルプルプヘアカラートリートメント

ルプルプは、私が白髪染めを色々試すようになって、ちょっと詳しくなった頃に発売された白髪染めでした。 それまでの「髪や地肌...

くろめヘアカラートリートメント

くろめヘアカラートリートメントは、育毛剤「M-1ミスト」で有名なサラヴィオから発売されている、トリートメントタイプの白髪...

 

このページの先頭へ戻る