ピュアハーバル・ヘアカラー

現在、ピュアハーバル・ヘアカラーは、ピュアリッチパーフェクトに商品名が変わり、白髪への色の入り方が変わりました。早速、購入して試してみました。

ピュアリッチパーフェクトの
体験記はこちら

 

※ここからは、商品名が変わる前のピュアハーバル・ヘアカラーで白髪を染めた時の体験記です。

 

白髪が多くてずっと染めている私。

ヘナも気に入ってつかっていましたが、より手軽なものはないかと、ピュアハーバル・ヘアカラーを使ってみることに。

結果かなり気に入り、今はピュアハーバル・ヘアカラーを主に使っています。

ピュアハーバル・ヘアカラーは、お風呂に入る前などに塗布し、入浴中温めることで発色するというもの。

じーっと待ち時間を過ごさなくてもいいし、30分程度の放置時間でいいので、ヘナよりも手軽です。

もうずっと使っていますが、以前より髪がツヤツヤになったし、しなやかになった感じでまとまりやすくなりました。髪って傷んでると老けて見えるし疲れたように見えるから、特別な手入れをしなくてもキレイな髪でいられるのはすごく嬉しいです。

せっかくなので使い方を紹介します。

届いたチューブを初めて見たとき、「思っていたよりも大きいな~」と思いました。

ずっしりしてて、何回か使えそうな感じです。

 

初めて使ってみた時は、「素手で使える」と聞いていたので、いきなり手に乗せてみたんです。

で、このまま指で髪の根元に塗りこみました。シャンプーで地肌近くを洗う要領で、指先を使って塗ります。

クリームは固い感じで垂れてきたりしませんし、塗りやすかったです。

香りもオレンジというか、柑橘系の香りで爽やか。肌にヒリヒリきたりもしませんでしたよ。

塗りこんですぐに手を洗うと、本当に色が残りません。

しかしですね、指先には若干色が残ります。それに、爪の間に入るとすぐには落ちないのです!

なので使う時には、やはり手袋を使った方が無難ですね~。私も現在は、手袋を使って染めています。今はコームも使ってますね。

使い始めのころは、コームを使うと毛先に伸びてムダになる気がする、と思ってました。

でも、根元にべっとりついたところで染まり方はそう変わらないし、トリートメント効果を全体に効かせた方がいいかな、と思うようになったんですよね。

サイドもコームで伸ばした方が、染め残しが減ります。

最初はおっかなびっくり(笑)のせてましたが、今ではトリートメント効果も狙ってたっぷりのせます。

全体にたっぷりのせます。毎回こんな感じで、私の場合6回くらい使えます。使える回数は、髪の長さにもよると思いますけどね。

さて、ちと見苦しいですが、比較のためにご覧下さい。

こちらが染める前。

こちらが染めた後です。

 

正直、「たった一度で染まった~!」とまでは感じません。でもかなり目立たなくなりますね。それにこれ、トリートメント効果が高いから、続けていると髪が艶々になります。

入っていた説明書によると、最初は3日間くらい連続して使い、後は2,3日に一度使うといいとか。

今までのトリートメントと同じペースで使えるし、色も染まるので私には合っているようです。

色はね、ヘナのオレンジ系の色味と違って紫がかった赤茶、という感じです。

染まり具合以外にも、気に入った点が。

ヘナは洗い流す時、どうしても粉が排水口に溜まりますがこれはクリーム状なので溜まりません。我が家のお風呂はユニットバスですが、床面に色が残ることもありませんでした。

ただ、クリームをベタッと洗面台などにつけてしまったら、色は残ると思いますね。顔や地肌にも色は残りませんでしたが、念のため余計なところについたらすぐ拭き取るか、洗い流しておくのが良さそうです。

ちなみに白髪染めには「朝塗って、夜シャンプーする」というタイプのものもあります。私も使ったことがありますが、私は朝、髪をいじっているヒマはないので、ピュアハーバルのほうが使いやすいですね。

最近ですとルプルプがお気に入りだったりします。どれがいいかは、好みで選べばいいかなって感じです。

ピュアハーバル・ヘアカラー、かぶれやすい私や母でも平気。母もかなり気に入った様子で、一緒に使ってます。

 
 

このページの先頭へ戻る