白髪染め体験記

頭皮をマッサージして白髪を予防

どんな種類の白髪染めを使うにしても、地肌の状態が良い方がいいのは、間違いないことです。

市販の、強い薬剤を使っても大丈夫でも、地肌がより健康な状態の方が、キレイな髪を保てますし。

私は地肌に刺激を感じるほうなので、シャンプーの前か後に使うヘアカラートリートメントを使っています。

日常的に使っているので、頭皮にちょっとヘアカラートリートメントの色が残っていることもありますが、あまり気にしていなかったんです。

でもこれからの長い期間のことを考えたら、いくら刺激がなくても、この状態を放置しておくのは良くないんじゃないか?と思うようになりました。

 

それで、最近はたまに、頭皮をクレンジングしています。

クレンジングの方法は色々あります。クレンジングシャンプーもあるし、髪に良いオイルでマッサージする方法も。

私は主に、オイルでマッサージをしています。

 

オイルで地肌をマッサージすることが、なぜクレンジングになるのでしょうか。

頭皮から分泌される皮脂も脂なので、オイルをつけてやることで、油分同士溶け合います。

お風呂場で使うことで、温度も高く毛穴が開きやすいので、毛穴に詰まった皮脂も浮き上がりやすくなり、落としやすくなります。

それでクレンジングになる、というわけなんですね。

クレンジングシャンプーも、髪というより頭皮をマッサージするつもりで洗うといいみたいですよ。

マッサージをすると頭皮の新陳代謝もよくなりますから、髪の毛にコシがでて艶が出ます。ツヤツヤした髪の毛なら、少々の白髪は目立ちません。

ちょっとした手入れが、頭皮を健康にしてくれる

頭皮の汚れを落とし、マッサージで血行を良くしたら、さらに白髪を増やさない方法を考えたいものです。

何より大事なのは保湿。頭皮も「皮膚」なので、健康な状態を保つには保湿は大切です。

乾燥しすぎないように、脱脂力が強すぎないシャンプーを選び、頭皮用のローションなどを使っておくといいですね。

 

予防しても生えてしまった白髪は、残念ながら染めておくしかありません。

染めるとひと言でいっても、今では色々な方法があります。染める方法によって悩みも違うようですけどね。

私の場合は、市販の染毛料をずっと使っていましたが、髪が傷んで仕方ない。

しかもアレルギーもちなので、頭皮も荒れてしまうし、長い時間染めていると気分も悪くなる。それでヘナを使うようになりました。

ヘナは髪が傷まないしアレルギーも出ないので気に入ってました。

でも時間がかかるし、塗るのが大変。もっと手軽に染められるものはないかしら・・・と探していて見つけたのが、ピュアハーバル・ヘアカラーでした。

ヘナと同じように天然成分を使っていて、使うごとに髪がツヤツヤになっていくので嬉しくなっちゃいました(笑)

ピュアハーバルはもう販売されていないんですが、同じように染まるトリートメントタイプの白髪染めが気に入って、色々使ってみてます。

もっと若くて、白髪が少ないうちに、今と同じように手入れが出来ていたら・・・と思うとちょっと残念な気持ちになります。

白髪が増えてしまわないうちに、出来るケアはしっかりとしておくのをお勧めしたいですね。

 

関連記事

このページの先頭へ戻る