白髪染め体験記

解明されつつある、白髪が作られるしくみ

黒かった髪が白髪になる仕組みは、2009年に解明されました。

原因は「色素幹細胞」がなくなってしまうことで、研究結果によると、色素幹細胞のDNAが損傷を受けることで、白髪が発生するそうです。

 

17型コラーゲンというものが、白髪と脱毛を抑えることが分かったとか。
>>東京医科歯科大学 プレスリリース

白髪になる仕組みが分かれば、予防や治療に役立つのでしょうから、将来は白髪を防ぐサプリメントなどが発売されるのかもしれませんね。

大手化粧品メーカーは、白髪が生えてくるメカニズムには、特定の遺伝子の量が関係していることを突き止めました。

髪の毛が生えてくる根元にある、特定のタンパク質をつくる遺伝子の量が減ってしまうと、髪の毛に色をつける細胞が増えなくなったり、毛髪細胞が死ぬのを防げなくなってしまうのだとか。

この成果を手がかりに、さらに研究を進めているのでしょうか。そのうち、白髪が生えること自体を防げるようになるかもしれませんね。

 

白髪になる一番の原因は、やはり加齢

色素幹細胞のDNAが損傷する原因はさまざまあります。一番大きなものがやっぱり「加齢」。

人には早老症原因遺伝子(ATM遺伝子)というものがあり、肝細胞の働きを監視する機能を持っています。

研究の結果、この遺伝子は幹細胞の質を維持することで、分化して枯渇してしまわないように働いていることも分かったそうです。

つまり、加齢とともにこの監視機能が失われてしまい、黒髪を生えさせる細胞の複製・分化のバランスが崩れてしまうということなんです。

監視機能の働きを維持することが出来れば、黒髪をたもつことができます。

 

ちょっとしたことでも予防になる

遺伝子の働きをどうにかすることは私たちには難しいですが、DNAが損傷を受ける原因には、もっと単純なものもあります。

一番身近で意外なものが「紫外線」だそうです。

紫外線が色素幹細胞に与えるダメージは思っている以上に大きいものなんですね。

頭皮はもともと、人の皮膚の中で一番厚く、約4mmも厚みがあります。頭髪は、脳を収納している頭蓋を守るために生えているので、髪を生やす毛嚢も大切。

その大事な部分を外部刺激から守るために、頭皮は厚くなっていると考えられているそうです。

 

しかし厚みはあっても紫外線による表皮のダメージは防げません。頭皮も顔や身体と同様、紫外線防止策が必要なんです。

とはいえ、頭皮用の日焼け止めクリームなどはありませんよね。

頭皮も皮膚なので、からだ用のUVクリームをつけてもかまわない気もしますが、油分が多く、落とすのに苦労しそうな気がします。

最近は、髪にも顔にも使えるというUVスプレーなども販売されていますから、そういったものを使って紫外線を防ぐのがいいと思います。

あとは物理的に紫外線をカットする、帽子や日傘を活用するのが良いですね。私も日傘を使っています。

以前は「あんな邪魔くさいもの嫌だ」と思っていましたが、今では真冬の時期を除いてほぼ一年中持って歩いてます。

紫外線を浴びずに過ごせると、熱中症対策にもなりますよね。

 

ヘアケア品を選ぶことも、白髪予防に

白髪染めを刺激の強い製品から変えたこともあって、今は頭皮がヒリつく感じや、つっぱる感じがありません。

紫外線を防げば、顔のシミ・シワも防げますから、ぜひ対策することをおすすめしますね。

現在でも、育毛剤で白髪を予防できると謳っているものもありますし、今後も、白髪予防に役立つものが色々と開発されるのでしょうね。

このまま白髪の原因が研究されていけば、白髪予防のスプレーやサプリ、頭皮用美容液なんかが発売になるかもしれません。

手軽にドラッグストアやコンビニで買えたりして。そう考えると楽しいけど、もう白髪になってしまっている私たちには、実現したら羨ましい話ですね。

 

このページの先頭へ戻る