白髪染め体験記

男性用と女性用の白髪染めの違いはどんなこと

ドラッグストアやスーパーに行くと、たくさんの種類の白髪染めが売られています。女性用がやはり多いですが、男性用にも色んな種類があります。

ところで、昔の白髪染めのパッケージには、男性・女性が並んで写っているものがありました。パオンのやつだったと思います。今も、お店でみかけることがあります。

 

あのパッケージのことを思い出して、ふと思ったんですが、白髪染めに男性用・女性用の区分けはなかったはずなんですよね。今は別々に売られていますが、いつの間にか男性用と女性用の白髪染めの違いというものが出来たのかと思い、ちょっと調べてみました。

白髪染めを作っている各メーカーのQ&Aコーナーを読んでみたり、知り合いの美容師さんに聞いてみたりしたところ、

「男性用・女性用の白髪染めは、成分は同じもので基本的には同じ」

だということが分かりました。

 

では何が違うのかというと、色合いや手触り、香りなどの仕上がりが違うんだそうです。

男性は茶系よりも黒くしたい人が多く、手触りも しっとりさらさらというより、ハリが出てボリュームを感じられるものが好まれるとか。

香りも花やハープの香りはしない、無香料のものが選ばれるそうです。

言われてみれば、確かに男性の頭からお花の良い香りがするのはちょっと変かも(笑)

どちらにしても、成分は同じなので色合いや仕上がりが気に入れば、別に男女の区別なく白髪を染めて良いというわけです。


男女とも白髪が染まる原理は同じ

私があれこれ使っているカラートリートメントタイプの白髪染めも同じで、男の人が使っても別にいいんですよね。

白髪を染める年代になると、薄毛や抜け毛の心配もあると思います。それに仕事のストレスなどで頭皮にトラブルが起きやすくもなっている年代ですから、個人的には市販の刺激の強い白髪染めより、トリートメントタイプの白髪染めを使った方がいいと思いますね。

愛する夫を薄毛と白髪から守って、見た目年齢をキープしてあげたいじゃないですか(笑)

ただ、色合いや香りが、女性にすすめる場合と比べてちょっと違うと考えるなら、一番いいのは利尻ヘアカラートリートメントかなと思います。

個人的にはお花の香りが好きですが、男性が使うにはやっぱり無香料がいいですしね。色が入るのも比較的早いので、女性ほどゆったりとお風呂に入っていない男性でも使いやすいし。

色はやっぱり黒がいいでしょうね。

 

シャンプー後に塗布して、数分間待つ、というのは男性にとって面倒なことかもしれません。でも頭皮を傷めずにすめば、薄毛になる心配はしなくてすむかも。

男性はどちらかというと白髪より薄毛になることの方が嫌なんじゃないかと思うし、備えられることは備えておいていいんじゃないかと思いますね。

白髪が多いと老けて見えるのは性別関係なく共通のこと。男性も地肌と髪に優しい白髪染めを使っておくと良いと思います。

 

関連記事

このページの先頭へ戻る