白髪染め体験記

白髪でも似合う髪型・隠せる髪型は?

私は現在9割ぐらい白髪です。20代からちらほらと白髪が出てきて、30代にはもう半分くらいは白髪でした。

それを考えたら、50代の現在ほぼ白髪なのは、当然なのかもしれません。

日常的に染めているので、特に親しいわけでもない人は、私の髪がほぼ白髪なことに気づいていません。

そんなものかなと思いますね。

ところで白髪が目立つようになると、それを隠そうとして髪型がきまらなくなる、ということがあります。

白髪を隠す、もしくは白髪のままでも似合う髪型は、どんな感じのものなんでしょうか。

 

内側の髪が表面に出てくる髪型はNG

白髪がどのくらいの量なのかにもよりますが、自分の髪質と髪の量、白髪の分量が分かっていれば、似合う髪型は色々とあるようです。

美容師さんによると、ハーフアップや編み込みは、奥の白髪が表面に出てしまうので白髪を隠せないそうです。

一番ちらほら白髪が目立たないのは、肩につかないくらいの長さで、ゆるふわのパーマがかかっている髪型なんですって。

いわゆるモテ髪ですね(笑)白髪を隠すヘアスタイルとしても、ナンバーワンというわけです。

 

私は髪が痩せてしまっているのでパーマはかけないようにしていますが、確かにストレートよりパーマヘアの方が白髪は目立ちませんね。

髪のうねりであちこちにツヤが出ますから、白髪だけがキラキラと自己主張するということが少ないです。

それに、髪色が軽い方がボリュームヘアはカッコつくんです。

真っ黒な髪で大きなカールをつけていると重たい印象ですが、金髪や銀髪ならステキです。

白髪でも、手入れしたツヤのある髪なら、あんな風にできるのではないでしょうか。

 

ストレートヘアなら、分け目を作らないこともコツだそうですよ。

分け目を作るにしても、真っ直ぐ直線でなくギザギザにするようにすると、髪の根元が白髪でも目立ちにくいそうです。私もそうしています。

ただし、髪型で白髪を目立たなくできるのは、白髪の量が3割くらいまで、だとか。

それ以上の量になったら、髪型では白髪は隠しきれないので、染めるしかありません。

地肌や髪にダメージが少ないトリートメントタイプで白髪に色をつけておけば、どんな髪型でも大丈夫じゃないかと思います。

 

白髪の多い髪に向かないのは、ロングヘア

100%白髪になったら、逆にどんな髪型でも似合うような気がしますね。ただ、やっぱりロングヘアはキビシイかと思います。

白髪になるとどうしても地肌が透けて見えますし、艶もなく水分量も少ない白髪を伸ばしておくと、山姥みたいですよね^^;

ある程度、白髪が増えたら思いきってショートにするのがいいのかなと思います。

それでもロングヘアを楽しみたいなら、髪や地肌に優しい白髪染めで、白髪を染めておくことが大切です。

ちらほら白髪で染めるほどじゃないんだということなら、ふわっとしたパーマをかけたり、無造作な動きのあるヘアスタイルに。

そうしておくと、白髪が隠せていいんじゃないでしょうか。

 

髪型に悩むより、ウィッグを利用しても

体質や事情で白髪が染められないのであれば、ウィッグを利用する手もあります。

白髪がどうしても目立つのは、頭頂部なんですよね。髪の内側は、白髪がけっこう伸びてしまっていても、内側だから隠れていて見えにくいんです。

だから頭頂部だけ隠してあげれば、白髪染めをするにしても、頻度を落とすことができます。

地毛は短くしてしまって、全頭のウィッグを利用するのも良いと思います。

 

私はカツラは高いものだとばかり思っていて、知り合いの美容師さんに

「何十万もするんでしょ?」

と聞いたことがあるんです。そしたら、

そんな高いのありませんよ!既製品なら、せいぜい5万円くらいです。

オーダーメイドだったらもう少し高いですけど、男性用のカツラみたいな値段はしないですよ」

と言われました。ただ、ウィッグはホントにピンキリ。

カタログやネットで写真を見ただけで決めてしまうと失敗するから、必ず現品を見て買った方が良い、とアドバイスももらったんです。

 

そこで、どうせなら有名どころで買いたいと思ってアデランスのレディース用ウィッグを試着しに行きました。

被ってみると、そのへんのウィッグ屋さんで売ってるものと全然品質が違っててビックリ。本当に自分の髪の毛にしか見えません。

もちろん、白髪になることもないからずっと使えます。どんな髪型のものが自分に似合うか、アドバイスももらえました。

 

大喜びして買ってきましたが、今はさらに便利になってて、通販でも試着できるんですね。

詳しくはアデランスの公式ページを見てください。


次に買うものは、自分で手入れするのは難しそうな、エレガントな髪型のウィッグにしたいと思っています。

白髪を隠せる髪型に悩んでいるより、素敵な髪型のウイッグをかぶった方が早いし、あとの手入れも楽ちん。

思っていたより値段も安いので、白髪で髪型に悩んでいるなら、ウィッグも検討してみるといいと思いますよ。

 

白髪が増えると、ショートカットにする人が多い

美容師さんに聞きましたが、白髪が増える年代になると、ショートカットにしちゃう人が多いみたいですね。

ロングヘアだと手入れがたいへん、というのもあるし、何よりヘアスタイルがカッコ良くきまらなくなるからだとか。

 

私は白髪が目立ち始めた20代には接客業の仕事をしていて、髪はひとつにまとめておかなくてはなりませんでした。

まだ今のように頭頂部には白髪が多くなく、ほとんどの白髪は額の上部分にあり、前髪を作っていたのであまり目立ちませんでしたね。

だんだん白髪が増えてくると、分け目の白髪が目立つようになってきます。それで染めるようになりました。

若くて髪のボリュームがあるうちは、それで済んでいましたが、30代も後半になってくると髪が痩せてきます。

 

私の場合、40歳を過ぎてから妊娠・出産したんですが、その後の髪の痩せぐあいときたら悲惨なものでした^^;

それでもしばらくは長い髪型を保っていたんですが、髪が長いと白髪染めもやりにくいんですよね。

それにいつも同じようなまとめ髪にしておくと、引っ張られる部分が同じになってしまいます。

するとその部分がだんだ薄くなるような気がして、不安になってきたんです。

それで、ショートカットにするようになりました。

同じような理由で、ショートカットにする人は多いかもしれませんね。

 

髪が短いと、男性にはウケが良くないですが本人は楽ですね。

毛先が傷んでしまうことも少ないので、結果的に髪の質感が良いまま保てて良かったと思います。

お世話になっている美容師さんに聞いてみても、白髪が増えてくるとロングヘアを維持するのは難しいみたいですね。

個人的には、白髪が多いと何が困るの?と思わないでもないです。

でもやっぱり老けて見られると寂しい気持ちになるので、髪型でカバーできるならそうしたいですよね。

 
こちらもどうぞ

種類の違う白髪染めで、続けて染めると・・・

白髪染めには色々な種類があります。 一般的な薬剤を使った白髪染め、私がこのサイトで主にオススメしているトリートメントタイ...

 

このページの先頭へ戻る