白髪染め体験記

白髪が多いと何が困るの?

私は10代のころから白髪がありまして、20代の後半には定期的に白髪染めをしないとならないくらい白髪が多くありました。

白髪は別に体が悪くなっているわけでもないですし、不潔なわけでもないので「隠さなくてはならない」ものではありません。でも、白髪が多いと「染めなくちゃ」と思いますよね。

どうしてかといえば、やはり見た目年齢が跳ね上がってしまうから、というのが一番大きいと思うんです。実際には30代・40代でも、白髪が多いと10歳は老けて見えてしまいます。

実年齢が若くて肌がツヤツヤしていると、一種異様な雰囲気になったりもしますし。

 

私は40代後半ですが、頭頂部から耳の上あたりまでのの髪の毛が全部白髪ですから、染めないと真っ白。そのままにしておくと、60代くらいに見えてしまいます。

髪の色合いや質感って、肌と同じで見た目の若さをかなり左右するものなんですよね。

実際の年齢より10歳ほど老けて見えるのが嬉しい人はいないと思います。やはり見た目が老けるのが一番困りますね。

あと、真っ白ってほど量がない場合でも、ちらほらと散って見える白髪は不潔そうに見える、という点があります。

髪が白くなっているだけなのに、どうして不潔に見えるのか不思議ですが、確かに黒髪の量が多い中に白髪が散って見えると、汚れているかのように見えることがあります。

一瞬、フケかホコリがついているように見えるからなのでしょうかね。

 

私も頻繁に白髪を染めるのが面倒で、「もう白髪を染めるの止めようかな」と思うことがあります。

でも、白髪が伸びてくると、見た目のあまりの老け具合とみっともなさにびっくりして、慌てて染めてしまうんです。

真っ白になった頭髪を、うんと短くしていたり、肩にかかる長さでキレイにカールしている人もいます。そういう人たちは不潔に見えるどころか、とっても素敵で憧れますよね。

白髪の量が多い私も、ああいう風にできないかと思っていたんですが、知り合いの美容師さんに聞いてみたら、

「白髪をキレイにしておくのは、白髪を染め続けるのと同じくらい手間がかかりますよ」

と言われました。

艶を出したり、ペタンコにならないようにふんわりさせておいたり、くたびれた印象にならないように頻繁にカットしたりと、本当にしっかりと手入れをしないといけないそうです。

 

そういわれてみれば、白髪で素敵なヘアスタイルにしている人は、服装や持ち物にも気を配っているように見えますよね。

白髪をそのままにしておくよりは、手軽に染められる白髪染めで染め続けていた方が、結局若くも見えるし手入れも楽なんだなと思いました。

髪の手入れに今よりもお金も時間もかけられるようになったら、白髪のまま過ごす選択も出来そうですが、今のところはまだまだ白髪を染めておこうと思います。

 
こちらもどうぞ

男性用と女性用の白髪染めの違いはどんなこと

ドラッグストアやスーパーに行くと、たくさんの種類の白髪染めが売られています。女性用がやはり多いですが、男性用にも色んな種...

 

このページの先頭へ戻る