白髪染め体験記

白髪を染める頻度は?どのくらいの間隔で染めたらいい

20代後半から白髪染めを使っていた私は、一番頻度の高い時期で2週間に1度、市販の白髪染めで染めていました。

今になって考えると、無茶なことをしていたものだと思います^^;

市販の白髪染めは化学反応で白髪を染めるので、きっちり色が入る点は良いのですが、頭皮や髪に刺激が強く、そうそう高い頻度で使うものではないですね。

白髪染めに限らず、市販のカラーリング剤には「再び染める場合は1週間以上間隔を置いて染めてください」などと書いてあります。

2週間に1度は別に問題ないようにも思えますが、1度や2度ではなく、継続的に使っていましたからね。

実際はかなりのダメージがあったんだろうと思います。

 

10年くらいの間、2週間に1度の白髪染めを繰り返していましたが、30代後半になった頃、急に髪が細くなり地肌が荒れるようになりました。

髪が豊かな頃は気づかないですけど、髪の量や太さが貧弱になってくると、見た目にかなり老けるんですよ。

それで美容室で相談したところ、髪を染めるのは1ヶ月に1度程度にした方がいいとのこと。

頭皮が荒れやすいなら、途中はヘアマニキュアでやり過ごすなどして、白髪染めは2ヶ月に1度程度の間隔にした方がいいと、アドバイスされました。

製品に問題があったわけではなく、私の使い方に問題があったわけです。

それで、市販の白髪染めは2ヶ月に1度程度にして、3週間に1度は美容院でマニキュアを入れてもらっていました。

 

刺激の強い薬剤で染めるなら、ひと月はあけて

でもこの方法は、白髪染めを使う頻度は減らせたものの色ムラが出来るし、美容院に行く回数が増えて高くつきました。

美容室で染めれば、キレイな髪色になります。頭皮に色がついたりしないし。強い薬剤を使う間隔が開くことで、髪も頭皮もそうそうダメージを受けません。

そのかわり、お金がかかるのは仕方がないかなと思ってましたね。

 

結局、美容室で染めようと、市販の白髪染めを使おうと、薬剤で白髪を染めるなら1ヶ月から2ヶ月に1度の頻度がいいということなんですね。

その間は、たとえ白髪が伸びてみっともなく白線のラインができようとも、地肌と髪のためにはガマンした方が良いということです。

そして私はこの頃、とうとう市販の白髪染め剤をつけると、痛みを感じるようになりました。

もちろん、製品に罪はありません。使い方を間違っていた私が悪いんです。

でもこの時は、本当に困りました。

「このまま続けていたら髪が全部抜けてしまうかも」

と恐怖を感じ、間隔を開けるだけでなく、根本的に髪を傷めず白髪を染める方法はないものか・・・と探してヘナを見つけて使うように。

その後、より手軽な方法を探して、トリートメントタイプの白髪染めを使うようになったんです。

手間もかからず、トラブルもないトリートメントへ

ヘナ染めの頃は、3週間に1度くらいの頻度で白髪染めしていましたね。

100%天然成分とはいえ、薬草のようなものですから、体調によっては刺激を感じる時もありました。

それでも市販の白髪染めを2週に1度使っていた頃より、髪や地肌のコンディションはかなり良くなりました。

更に欲張って、より手間のかからない白髪用ヘアカラートリートメントを使うようになってからは、本当にトラブルがなくなりましたね。

強い薬剤を使った白髪染めと違って、根元を染めるコツが必要になりますが、慣れてしまえば苦にならないです。

 

2日か3日に1度の頻度で使うので、以前より使う間隔は短くなったわけですが、シャンプー後のトリートメントとして使うので特に手間とは感じません。

なにより、「白髪を染めるぞー」という気合が要らないのが、楽でいいんです。

慣れないうちは浴室に色がついちゃったとか、色が思うように入らないとか色々ありましたが、今ではコツも掴んで楽ちんです。

なんせ、毎日使っても平気なくらい、地肌にダメージがないのが良いですね。

薬剤を使った白髪染めは、使う間隔に気をつけないといけませんが、トリートメントタイプならそんな必要もありません。

結局、白髪染めする頻度は、使うものによって違うということです。白髪を完全に隠しておきたいなら、どうしても頻度は高くしなくちゃいけません。

それなら、毎日使っても大丈夫なものを使って、白髪を染めるのが良いってことですよね。

 

関連記事

白髪でも似合う髪型・隠せる髪型は?

私は現在9割ぐらい白髪です。20代からちらほらと白髪が出てきて、30代にはもう半分くらいは白髪でした。 それを考えたら、...

種類の違う白髪染めで、続けて染めると・・・

白髪染めには色々な種類があります。 一般的な薬剤を使った白髪染め、私がこのサイトで主にオススメしているトリートメントタイ...

白髪を茶髪・金髪にできるか

白髪を茶髪にしたい、と考える人も少なくないようですね。真っ黒な髪よりも、茶髪の方が雰囲気も柔らかくみえるし、若々しいイメ...

ヘアカラーによる皮膚炎と、パッチテストの重要性

髪に色がつくもの、いわゆるヘアカラー剤を買うと、外箱や取扱説明書に、必ず「パッチテスト」について促す文言が書かれています...

小学生の頃から白髪があって、染めるのも早かった私

白髪染めについて色々と調べるようになったのは40代になってからです。でも、実は小学生の頃から、かなり白髪はありました。 ...

トリートメントタイプの白髪染めで髪の根元を染めるコツ

シャンプー後に使うトリートメントタイプの白髪染めを使う人は増えています。 2つの薬剤を混ぜて使うタイプの白髪染めより、は...

根元を染めるコツ

男性用と女性用の白髪染めの違いはどんなこと

ドラッグストアやスーパーに行くと、たくさんの種類の白髪染めが売られています。女性用がやはり多いですが、男性用にも色んな種...

妊婦はヘアカラーで白髪を染めてはいけない?

私は若いころから白髪があり、定期的に白髪染めを使っていました。一方、出産は遅く、40代に入ってから妊娠したんですね。 2...

このページの先頭へ戻る