白髪染め体験記

黒かった髪が白髪になるのはどうして?

髪の毛は一度生えたら抜けないというわけではなく、一定期間を経て自然と抜けます。

黒かった髪が白髪になるのは、この「一定期間で抜け替わる」時に起こるそうですよ。

生えていた毛が抜けるときに、毛根にある「髪の毛に色をつける組織」も一緒に抜けてしまいます。

通常は、つぎの髪が生えてくるときに、髪に色をつける組織もまた再配置されるのですが、何らかの理由で配置されないと白髪になる。

つまり黒かった髪が白髪になってしまうのは、「色をつける組織がない状態で生えるから」なんですね。

 

白髪と脱毛を抑える成分があるみたい

なぜ再配置されないのかは、ずっと謎でしたが、2009年に解明されました。

原因は「色素幹細胞」がなくなってしまうことで、研究結果によると、色素幹細胞のDNAが損傷を受けることで、白髪が発生するそうです。

 

17型コラーゲンというものが、白髪と脱毛を抑えることが分かったとか。
>>東京医科歯科大学 プレスリリース

また、大手化粧品メーカーは、白髪が生えてくるメカニズムには、特定の遺伝子の量が関係していることを突き止めました。

髪の毛が生えてくる根元にある、特定のタンパク質をつくる遺伝子の量が減ってしまうと、髪の毛に色をつける細胞が増えなくなったり、毛髪細胞が死ぬのを防げなくなってしまうのだとか。

白髪になりやすい体質も、遺伝すると言われています。

 

白髪になりやすくなるのはどんな時

よく耳にするのは、ストレスや生活習慣などの外的要因が大きいと白髪になりやすいというものです。

栄養不足や、頭皮への刺激が多いと白髪が増えてしまう。

栄養不足は血液の循環や代謝を悪くするので、十分考えられることですね。

たっぷりと栄養を摂り、間違ったヘアケアをしていないかチェックしておくといいのかも。

 

あと、白髪の原因としてよく言われるのはストレスです。

ストレスの多い生活をしていると白髪が増えやすいといわれています。

実際、国の要職についた方たちを報道で見ると、あっと言う間に白髪が増えていくのを見ます。

気苦労が多いと白髪が増えるというのは本当らしいなと思います。

 

ただ、フランス革命のときに、悲劇の王妃マリー・アントワネットが投獄され一夜のうちに白髪になった、という話がありますが、そういうことはあり得ないそうですね。

私が以前、心療内科の先生と話していた時、この話が出たのですが、その先生は

「髪の表面はキューティクルといううろこ状の物質で覆われていますが、極度のストレスを受けるとそのうろこ状のところが逆立った状態になります。

すると髪が白っちゃけたように見えるので、それがろうそくなどの弱い光で見ると、白髪に見えたということではないでしょうか」

とおっしゃってました。

個人的にこれはすごく有力な説ではないかと思ってます。

 

 

このページの先頭へ戻る