白髪染め体験記

白髪でも似合う髪型・隠せる髪型は?

白髪が目立つようになると、それを隠そうとして髪型がきまらなくなる、ということがあります。

白髪を隠す、もしくは白髪のままでも似合う髪型は、どんな感じのものなんでしょうか。

 

内側の髪が表面に出てくる髪型はNG

白髪がどのくらいの量なのかにもよりますが、自分の髪質と髪の量、白髪の分量が分かっていれば、似合う髪型は色々とあるようです。

美容師さんによると、ハーフアップや編み込みは、奥の白髪が表面に出てしまうので避けた方がいいみたい。

一番ちらほら白髪が目立たないのは、肩につかないくらいの長さで、ゆるふわのパーマがかかっている髪型なんですって。

いわゆるモテ髪ですね(笑)白髪を隠すヘアスタイルとしても、ナンバーワンというわけです。

 

私は髪が痩せてしまっているのでパーマはかけないようにしていますが、確かにストレートよりパーマヘアの方が白髪は目立ちませんね。

髪のうねりであちこちにツヤが出ますから、白髪だけがキラキラと自己主張するということが少ないです。

それに、髪色が軽い方がボリュームヘアはカッコつくんです。

真っ黒な髪で大きなカールをつけていると重たい印象ですが、金髪や銀髪ならステキです。

白髪でも、手入れしたツヤのある髪なら、あんな風にできるのではないでしょうか。

 

ストレートヘアなら、分け目を作らないこともコツだそうですよ。

分け目を作るにしても、真っ直ぐ直線でなくギザギザにするようにすると、髪の根元が白髪でも目立ちにくいそうです。私もそうしています。

ただし、髪型で白髪を目立たなくできるのは、白髪の量が3割くらいまで、だとか。

それ以上の量になったら、髪型では白髪は隠しきれないので、染めるしかありません。

地肌や髪にダメージが少ないトリートメントタイプで白髪に色をつけておけば、どんな髪型でも大丈夫じゃないかと思います。

 

白髪の多い髪に向かないのは、ロングヘア

100%白髪になったら、逆にどんな髪型でも似合うような気がしますね。ただ、やっぱりロングヘアはキビシイかと思います。

白髪になるとどうしても地肌が透けて見えますし、艶もなく水分量も少ない白髪を伸ばしておくと、山姥みたいですよね^^;

ある程度、白髪が増えたら思いきってショートにするのがいいのかなと思います。

それでもロングヘアを楽しみたいなら、髪や地肌に優しい白髪染めで、白髪を染めておくことが大切です。

ちらほら白髪で染めるほどじゃないんだということなら、ふわっとしたパーマをかけたり、無造作な動きのあるヘアスタイルに。

そうしておくと、白髪が隠せていいんじゃないでしょうか。

 

髪型に悩むより、ウィッグを利用しても

体質や事情で白髪が染められないのであれば、ウィッグを利用する手もあります。

白髪がどうしても目立つのは、頭頂部なんですよね。髪の内側は、白髪がけっこう伸びてしまっていても、内側だから隠れていて見えにくいんです。

だから頭頂部だけ隠してあげれば、白髪染めをするにしても、頻度を落とすことができます。

地毛は短くしてしまって、全頭のウィッグを利用するのも良いと思います。

 

 

このページの先頭へ戻る