白髪染め体験記

50の恵 お出かけ前の白髪かくし

使いやすいマーカータイプの部分染めが、ロート製薬の50の恵からも出てました。

使うたび染まるタイプだそうで、伸びてきた白髪に使っておけば白髪染めが必要なくなるかも。

というわけで、使ってみました。

このタイプの一番いいところは、出かける前にササッと使えることですね。最近は手軽なものが増えてますけど、白髪染めは基本、ちょっと時間がある時にするものですからね~。

マーカータイプというのは、マジックペンのように色がつく部分がついてるもの。間にくしが挟まったような形状になってるのが特徴です

クシの部分を地肌につけて、すーっと髪をとかすようにして使えば、皮膚には色がつかず白髪に色がつくので、ぶきっちょさんでもうまくいきます。

これまで使ってきたものの中には、揮発性の匂い(シンナー臭みたいなやつ)が強いものもありましたが、さてこれはどうでしょうか。

 

この白髪につかってみますよ

む、開けたとたんに結構な甘い香りが・・・

 

ちょっと香りが、強い(゚∀゚)

刺激臭ではなく、思いっきり香料の匂いです。甘い、いい香りと言えなくもないけど・・・個人的にはちょっと苦手でした。

さて白髪に色はつくかなー

髪の分け目にそって、クシ部分を頭皮に当てて髪の表面をなぞるようにしてつけていきます。

 

液状の部分染めや白髪隠しと違って、じんわりとにじんで出てくるので、一気には色がつきません。そのかわり、自然に隠れますね。

私のように白髪が多いと、全部に色をつけるには時間がかかりますね・・・でも生え際とか、分け目で目立つ数本の白髪には、使いやすいんじゃないでしょうか。

色がついた後は、比較的すぐに乾きます。乾いた後、パリパリにならないのも、このタイプのよいところですね。

仕上がりはこんな感じに

なかなかキレイに色がつきました~

 

個人的には、もう少しインクの出というか、色づきが良いと嬉しいかな~。そうすると、もっと手早く部分的に染められて、ホントに便利って感じられたかも。

色もブラック、ダークブラウン、ライトブラウンと3色あり、髪色によって選べるんで、使える人も多いと思うんですけどね。

あと、このマーカータイプは髪のボリュームを潰さないのがいいですね。筆タイプとか、マスカラタイプだと、液で濡れた感じになる分、髪の根元が寝ちゃうんですよ。

髪が細くなってたりして、ボリュームがなくなっちゃうとイヤ、という人には、マーカータイプがオススメだと思います。

 

私は香りが強いのが、とても気になりました。すごく甘い香りが、けっこうしつこく、するんですよね。元々、香りの強いシャンプーやヘアケア品が好き、という人には気にならないかもしれませんけども。

価格は希望小売価格で1,620円(税込)。ドラッグストアなどでは、もっと安く売られてると思います。

同じ形状の、少しずつ色が残っていく部分染めの中では、安い部類ですね。洗ったら1回ごとに色が落ちるタイプのものは、もっと安く売られてますけど、どうせなら色が残った方がいいですもんね。

50の恵 お出かけ前の白髪かくしは、ボリュームを出した髪型をキープしたまま、白髪を隠したい人に向いてる部分染めでした。

 
こちらもどうぞ

キスミーフェルム 白髪カバーマスカラ

昔は主流だったけど、今はあまり見なくなった、という形状のものってたくさんあります。 でもマスカラタイプの白髪かくしって、...

 

このページの先頭へ戻る