白髪染め体験記

Bbヘアカラービューティトリートメント

プラセンタコスメで有名なビービーラボラトリーズから、白髪染めも出ているというので買ってみました。

もちろん、原料にはプラセンタが使われています。

髪にも肌にも、良い効果を感じられる(こともある)というプラセンタ配合。

使った後はどんな風に髪が仕上がるか楽しみ、と思いながら使ってみましたよ。

サプリメントのプラセンタは、一時期飲んでたんですけどね。特に変化を感じられなかったんで、途中でやめてしまいました。

副作用はなかったんで、合わなかったのではなく、私には必要なかったのかな、って感じです。

白髪を染めるのには、プラセンタは特別な働きをしないでしょうから、仕上がった髪がツヤツヤになるのかな。

早速使ってみたいと思います。

 

パッケージは上品なパープルカラー

チューブにも、「Bbヘアカラービューティトリートメント」って書かれてて、白髪染めだというのはパッと見わかんないですね。

ちょっとしたことなんですけどね。白髪が出始めで、染めてることを知られたくない人には、こういうのは嬉しいんじゃないでしょうか。

ではこの白髪を染めてみます

Bbヘアカラーは乾いた髪に使うのが推奨みたい。パッケージに「シャンプー後のトリートメントとしても使えます」と書かれてまして、それとなく「色を入れたいなら乾いた髪に」的な雰囲気が。

ここは素直に乾いた髪に使っておこう、というわけで、シャンプー前に使いましたよ。

 

私は日常的にはスタイリング剤を使わないし、ほぼ室内から出ないしで、素髪の状態が多いんですね。なので、シャンプー前の乾いた髪につけても色が残ります。

整髪料を使ってたり、オイル系・シリコン系のアウトバストリートメントを使ってるなら、一度洗って乾かしてからじゃないと、色が入りにくいかもですね。

この製品は補修力が強そうなので、今回は髪全体に広げることにします。最初は伸びた白髪の部分にだけ塗り、10分ほど経ったところで毛先にまで伸ばして、さらに5分待ち。

白髪が染まるのには、10分から15分放置する必要があります。

最近は短い時間で染まるものが多くあるので、10分から15分待ちは、ちょっと長いなと感じますね。

 

液は柔らかくて、ヌルヌルしてるタイプ。

乾いた髪に使うぶんには問題ないと思いますが、もしシャンプー後に使うなら、タオルドライはしっかり。

柔らかいから、水分に溶けて身体に色のついたお湯が落ちてきやすいと思います。

一ヶ所に集中してベタッとつきにくい代わりに、ムラなく均一に広げるのはちょっと難しいですね。刷毛ブラシを使うと、うまく出来そうです。

待ち時間が長めなので、ここでシャワーキャップをかぶって、上からドライヤーで温めるとより色が入りそう。季節にもよりますが、もし寒い時期とかなら、ぜひ温めておくといいと思います。

あまりにも湿度の高い、暑い時期だとツラいですけどね、あっためるの(笑)

 

香りは上品で、ほんとにかすかという感じ。すすぐとほとんど残りません。

プラセンタって、サプリメントは独特の匂いがしたりしますが、そんなのも感じませんでしたね。そして、すすいでる時から髪の手触りが違うので、ちょっとビックリしました。

ヌルヌルするといえばそうなんですが、髪の1本ずつがふっくらしたような感覚がありました。

水分をたくさん含みましたよ!というような状態で、これを保てたら、翌日も髪はふっくらツヤツヤかも。と思いましたね。

よくすすいで、乾かした状態がこちら

うーん。

白髪に色が入ったというより、全体的に色がのった感じ。目立たなくはなってますが、白い髪はわりと、白いまま残ってますね・・・。

「染まった」とは言いがたいです。

結局、色が入るまでには、4,5回繰り返す必要がありました。待ち時間が長いので、そこまで繰り返すとちょっと不満に感じますね。

でも髪の状態は日に日に良くなるように感じるので、やっぱりこれは白髪に色を残すより、髪の状態を良くするの重視の人向けだなって思いました。

 

プラセンタ配合のものを肌につけて、なにかトラブルが起きたことがある人なら気をつけないとと思いますけど、そういったことが無ければ、気にせず使える白髪染めだと思います。

とにかく髪がツヤツヤになるので、白髪はまだチラホラだけど、髪が傷んで困ってる、って人におすすめと感じた製品でした。

 

このページの先頭へ戻る