白髪染め体験記

ビゲン カラートリートメント

白髪染めのビゲンから、少しずつ白髪を目立たなくさせるカラートリートメントが出ました。

待ち時間は5分、シャンプー後に使うという標準的なタイプ。ドラッグストアで手軽に買えたので、まずは使ってみることにしました。

最近は大手のメーカーさんが、トリートメントタイプの白髪染めをたくさん作ってますね。ジアミン染料でしっかり発色する白髪染めを使っている場合、次に染めるまでの間、色をキープするのに便利に使えるみたいです。

これもそんな感じかな、と思いつつ使ってみましたよ。

 

私はダークブラウンを選びました。色は他に、ナチュラルブラックとナチュラルブラウンがあり、3色展開。

売り場と、それから公式ページにも、ビゲンヘアカラーシリーズの白髪染めと併用の場合、どの色を選んだら色が合うか、という一覧がありましたよ。

普段から染めている髪色とか、地毛の色に近い色を選んでおくといいのかな、と思いますね。

 

さてでは、さっそくこの白髪を染めます

かなり明るくなってますね^^;

 

シャンプー後に髪の水気をよくきって、ビゲンカラートリートメントを塗布します。手についても石けんで洗えば落ちますが、手袋かコームを使った方が、色残りのストレスが少なくて済みそう。

液は柔らかめ。

シャンプーみたいないい香りがします。香りはけっこう、強めな印象ですね。

 

待ち時間は5分が基準で、色をしっかり入れたい場合は長めに、とのことなので10分くらい放置してみました。

すすいで乾かしたのがこちら

完全に白髪だったところには、うっすらついただけですが、全体のトーンはかなり暗くなりました。

私のように白髪が多いのでなければ、もうちょっと目立たなくなるでしょうね。

 

チューブには、5回連続でだんだん白髪が目立たなくなります、とありますから、染まり方はゆっくりなのだと思います。

カラーリングの合間に、褪色や伸びた白髪部分が目立っちゃうのを防ぐのに使ってね、という感じ。一度染まったら、週2~3回の使用が目安のようです。

他の白髪染めトリートメントと比べて、特に悪くもありませんが、お勧めとも感じないかな・・・というのが正直なところ。

 

香りも人工的で、ちょっと強いのが私の好みではありませんでした。価格は安いですね。ドラッグストアなどでは、1000円以内で買えると思います。

市販の白髪染めを一切使わず、トリートメントカラーだけで白髪を染めておきたいなら、もう少し色が入ってくれるものの方がいいと感じました。

 

関連記事

ふわ染め艶カラートリートメント

自然派の化粧品が好きで、よく新製品を見に行くんですが、そのお店で見つけて買った白髪染めです。 パッと見、商品名が全然わか...

スカルプDボーテ ヘアマスカラ

育毛シャンプーなどで有名なスカルプDボーテシリーズの、白髪の部分染めです。 名前はヘアマスカラなんですけど、形状はマスカ...

ジュモン彩髪メーク

ジュモン彩髪メークは、コンパクトケースに入ったクリームファンデーションタイプの部分染めです。 このタイプは、白髪を目立た...

マダムヘナ

ヘナは今でも年に何回か使っています。以前はちょっとだけジアミンを配合したものが販売されてたんですけど、今はすっかり見なく...

グリーンノートヘナ オーガニータ

無添加せっけんなど、自然派の化粧品を作っているグリーンノートが販売している、グリーンノートヘナ オーガニータで、白髪を染...

SYOSS(サイオス)カラーリフレッシャー

SYOSS(サイオス)のカラートリートメントで、白髪を染めてみました。 サイオスは、シャワルツコフヘンケルから発売されて...

オルビスヘアクイックマーカー

オルビスの部分染め、ヘアクイックマーカーを使ってみました。 お出かけ前にサッと使える部分染めは、ここんとこマーカータイプ...

エムズワン ヘアカラートリートメント

大手ドラッグストアで販売されているPB品、「M's one」の白髪染めを使ってみました。 これはツルハドラッグ系列のドラ...

このページの先頭へ戻る