美容院での白髪染め

ふだんは家庭で白髪染めをしていますが、髪の色のバランスを取るために、定期的に美容院でも白髪染めをしています。

以前は接客業をしていた関係で、真っ黒にしていたのですが、今は髪の色に制限はないので、明るくしています。

 

とはいえ、せっかくトリートメントタイプで髪の傷みを抑えているのに、脱色剤を使うと意味がない。

というわけで、黒髪には色が入らない香草カラーで染めてます。

私が行ってる美容院での染まり具合は、こんな感じ

 

作業は同じだけど、丁寧さが違う

ふだん使っているトリートメントタイプの白髪染めは、シャンプー後に塗布して10分程度待ち、お湯ですすぐ、というものが多いです。

美容院での白髪染めも、作業としては同じです。まず軽くシャンプー。髪に整髪料や汚れが残っていると、うまく発色しなかったりムラになったりするからでしょうね。

そしてお湯で溶いた香草ペーストを、白髪の伸びた部分にだけ、のせていきます。

 

白髪染めトリートメントの場合は、お風呂場で洗った後の髪に、自分の手でつけていくので、きっちりと伸びた白髪にだけのせる、ってのはなかなか難しいんですよね。

美容院で人にやってもらうと、伸びた部分に多く、染まっているところには薄くという風に、プロのセンスで調整してもらえるので、まずムラになる心配はありません。なったら文句言えるし(笑)

使う香草の種類にもよるんでしょうけど、私が行ってる美容院で使っているのは、塗布してからの放置時間は20分くらいです。わりと短い方じゃないでしょうか。

ただ、美容院では染める前のシャンプーにしろ、塗布にしろ、なにしろ丁寧ですからね。自分で家でパパッと終わらせるのとは、ちょっと事情が違います。

なのでどうしても、時間はとられますね。私の場合は、髪のカットも一緒にしてもらうことが多いので、2時間半はかかるとみています。

この「時間がかかる」という点も、毎回 美容院で白髪を染めるのは難しいと感じる原因ですが、丁寧にやってもらうんだから仕方ないかな、とも思います。

 

染料はヘナと同じように、植物なので刺激臭もないし、頭皮にヒリヒリする刺激もありません。ただ、泥のようなものなのでどっしり重いですね。

分け目や生え際がよく染まるように、ペーパーでフタをされるのも、美容院ならでは

家庭ではここまでやりませんね~。トリートメントタイプでも、こんな感じで、たとえばラップとかで生え際をピタッとフタしたら、染まりが良くなるのでしょうか?

今度やってみたいと思います。

 

私はショートカットにしていますが、真っ黒だった髪をここまで明るくするには、1年半くらいかかっています。

最初は色の段差が出来るのを我慢して、黒から赤みの強いダークブラウンに。そこから少しずつ、明るいライトブラウンを足していって、現在の色に定着しました。

年齢的にも、もう髪にダメージを与えない方がいいので、脱色剤は使いたくない。でも髪の色は明るくしたい・・・というわけで、途中の色段差はガマンすることにしたんですよね。

かなりカッコ悪い状態になるのを覚悟してたんですが、実際にはあまり分からなかったと思います。

というのも、ヘナや香草カラーって、黒髪には色がつかないんですね。なので、もともとの黒い髪と、白髪を染めた明るい髪が混ざってる状態になるんです。

そうすると、色が混ざって見えるので、全体的には段差があることが、そんなに目立たないんですよね。

完全に100%白髪だったら、段差もハッキリしてしまうと思いますが、50%くらいなら本当にわかんないと思います。

 

逆に、まだまだ黒髪の方が多い、という人が白髪も含めて明るい色にしたい、という場合は、脱色してから均一の色に染めてもらう方が、キレイになると思いますね。

その場合は、髪にキシみが出てしまうと思います。色を選ぶか、髪の手触りを選ぶか。

苦渋の選択っぽいですけど、実際どちらか選ぶようになると思います。

私は髪の手触りと質感の向上を選んで、脱色剤を使わずに染めています。日々のケアはカラートリートメントでしておいて、たまに美容院で染めてもらう感じ。

 

脱色剤を使ったヘアカラーで白髪染めをする場合は、ヘアカラートリートメントの併用はお勧めされないことが多いみたい。

髪の表面をコーティングするものが多いので、薬剤の浸透する具合が変わっちゃうんでしょうかね。

白髪が多く香草カラーを選んでいるおかげで、私は美容院での白髪染めと、カラートリートメントでの白髪染めを併用できてます。

白髪が多くて良かったなんて思った事ないけど、この点はラッキーだったのかもしれません。

 

このページの先頭へ戻る