白髪染め体験記

シエロ オイルインヘアマニキュア

白髪染めといえば、一般的には2剤式の市販の白髪染めを思い浮かべる人が多いんじゃないかと思います。

同じくらいメジャーで、ずっと昔から販売されている「ヘアマニキュア」。

私も一時期かなりお世話になってましたけど、最近はすごくツヤが出るようになったと聞き、興味がわいて使ってみましたよ。

ヘアマニキュアも色んなメーカーさんから出てますが、今回選んでみたのは「シエロオイルインヘアマニキュア」。

シエロは人気も高いし、オイル配合ってところに惹かれたので、これにしてみました。

 

皮膚に色がつくと、落ちないのです

意外にも内容物はたくさん。色々入ってました。

 

説明書にビニール手袋もくっついてるし、耳をカバーするちっちゃい袋もついてます。

細かい部分に使いやすいように、細いコームもついてるし、顔周りや襟足に色が付くのを防ぐクリームや、ついちゃった時に色を落とすクレンジングジェルも。

使った後のクシが、マニキュアで固まるのを防ぐために洗浄用のスポイトまでついてて、至れり尽くせりだなぁ!って思いましたよ。

確かに、ヘアマニキュアって肌につくと落ちないんですよね。そこは、2剤式の白髪染めとも、ヘアカラートリートメントとも違うところ。

だからつける時は、けっこう神経使います。説明書にも、行程ごとに何度か「マニキュアがよけいなところについてないか、確認してね」的な注意書きがあります。

これを見ると、「本当についちゃうと落ちないんだなぁ」ってしみじみ思いますね。

 

使いやすいように、工夫されています

さて、この白髪に使ってみます

 

ヘアマニキュアは必ず、乾いた髪に塗って使います。つけたい部分にだけ、髪が覆われるようにつけるんですが、昔はハケみたいなのでつけたから、なかなか難しかったんですよね~

今のはボトルにクシ状のヘッドをセットできるようになってて、横についてるボタンをプッシュすると液が出てくるんですね。これ便利。

 

使用後、残った分はとっておいてまた使えるんですけど、このクシの部分、外れるんですよ。そして本体ボトルの中身は空気に触れないから、劣化もしないという素晴らしさ。

本当に、日々進化してるんだなぁってしみじみ思いました。

そして細心の注意を払って液を髪につけます。白髪の伸びたところにだけ、地肌には触らないようにそーっと丁寧につけます。液がついた髪がはらりと落ちて、顔についたりもするので本当に神経をつかいます。

もっとも、クレンジングもあることだし、ついちゃったらサッと拭いておけばいいんですけどね。ぶきっちょなので、なんだか緊張してしまう^^;

マニキュア液って、エナメルぽいというか鉱物油っぽくてねっとりしてるイメージがありましたけど、シエロオイルインヘアマニキュアは、その名の通りアルガンオイル・オリーブオイル・ミネラルオイルが配合されてて、クリームっぽい感じでした。

髪にぼとっとついてしまわず、比較的薄くのばしやすいかなって思いましたよ。

 

1度でしっかり染まるし、良い感じにツヤも出ました

放置時間は10分くらい。これ以上は長くおいても、染まり方はあまり変わらないみたいです。ただ、放置時間が短いと、色のつきが悪かったり、ムラになるんで、10分はしっかり待った方がいいでしょうね。

すすぐ時は、まずすすぎ湯に色がつかなくなるまで流して、それから普通にシャンプー。オイル成分が多いのでコンディショナーは要らないかも?と思いましたが、毛先には使っておきました。

そして乾かしたのがこちら

やっぱり染まりますね~。

カラートリートメントと違い、液がついたところは1度でしっかり染まります。シャンプーの度に少しずつ退色していくけど、トリートメントよりは色が長持ちしますよね。

そして昔のヘアマニキュアみたいに、ギラギラしたツヤじゃなく、しっとりした感じに仕上がるので、なかなかいいじゃないかと思いました。

私が使っていた頃もこのくらい仕上がりが良かったら、ヘナやヘアカラートリートメントに切り替えなかったかもしれません。

これで肌に色がつく、という難点がなければ、値段も安いし刺激臭もないし、髪も傷まない。2週間に1度くらい使っておけば、白髪も目立たないまま過ごせそうだし。

髪を染める準備が面倒でなく、手先が器用で肌につけずに使えそうな人には、ヘアマニキュアもいいよねって思いました。

個人的には、顔や地肌に色をつけずに使う自信がない・・・なので、これからもヘアカラートリートメントを使っておこうと思います。

 
こちらもどうぞ

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

ラボモは、アートネイチャーのサロンで使われているヘアケアシリーズの名前。 白髪染めトリートメントもあるというので、買って...

 

このページの先頭へ戻る