白髪染め体験記

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHCで人気の高いQ10美容液カラートリートメントから、さらに使いごこちが良くなったクイックカラートリートメントが出たので使ってみました。

Q10美容液カラートリートメントは、悪くない製品ではあったけど、成分に刺激の強いものが使われていたり、香りが強すぎだったりと難点もありました。

クイックカラーはそんな難点を改善した製品になっており、さらに短い時間で色が残りやすくなっているので、使い続けやすいと感じた白髪染めでしたね。

 

見ためは従来の製品より、高級感が出た感じ。

キレイなチューブだけど、大きめの文字でしっかり「白髪用」って書いてあるのが、なんだか面白い^^

オシャレでありつつ、実用的な感じがしますね。

 

この白髪に使ってみます。

使い方は他の白髪用のトリートメントタイプとほぼ同じです。シャンプー後のトリートメントとしてお使いください、と但し書きがあるので、シャンプーする前の乾いた髪に使うのには不向きのようです。

シャンプー後にタオルドライしてから、白髪の気になる部分を覆うように塗布して放置します。美容液カラートリートメントの待ち時間は10分でしたが、こちらは5分でOKになってます。

もっとも、白髪に初めて使う場合は、1回目は10分待った方が色が入りますね。私がこの白髪を染めた時は、まだ白髪が長く伸びていなかったこともあり、5分の待ち時間で試してみました。

 

テクスチャは以前の美容液トリートメントと同じような感じでした。

白髪に色が残りやすい分、手指にも色が残りやすい印象がありました。すぐに洗えば落ちますが、できればブラシかコームを使ったほうがいいかなーと思います。

 

チューブから液を出した時に感じたのは、香りが上品だなということ。以前の製品は合成の香りが強く、苦手な私にはちょっと厳しい感じだったんですけど、クイックカラーは香料が使われていないのでとても自然で穏やかな香りです。

また、美容液トリートメントの方には使われていたポリマー類が使われていない点も、以前の製品より改善されたなと感じました。毎日のように続けて使う製品は、地肌に負担がかかりそうなものは使われていない方が、いいですもんね。

 

5分の待ち時間で流して、乾かした状態がこれです。

髪の根元をじーっと見たら白髪が分かりますけど、一見分からないくらい色が残ってます。1回め、5分の使用でこれだけ色が入れば十分じゃないかと思います。

価格も以前の製品と変わりませんし、どちらかを選んで使うとしたら、成分や色の入り方が良くなっているクイックカラーの方がおすすめだなと感じました。

 

関連記事

エクスセラム美容液カラートリートメント

石澤研究所から、シャンプー前に使うタイプの白髪染めトリートメントが発売になりました。 5分程度の放置時間でよく、美容液成...

黒茶のチカラ クイックヘアカラートリートメント

ダイエットティーで有名なティーライフから発売された白髪染めトリートメントが「黒茶のチカラ」です。 お茶から抽出される成分...

ジュエリー婦人

フラーレン配合のトリートメントタイプの白髪染め、ジュエリー婦人を使ってみました。 品名を聞いた時は「チューブに大きく『ジ...

フラガール カラートリートメントリッチ

フラガールはサロン専売品のヘアケア剤を作っているメーカーが開発した、家庭用のヘアカラーシリーズです。 「フラガールカラー...

テンスター アロマカラートリートメント

大手バラエティストアで見つけた、ヘナ配合のヘアカラートリートメント。ヘナは染毛料として有名ですが、この製品にはトリートメ...

モイストヘアカラー

白髪を「白髪染めで染める」というのがスタンダードではなくなってきたのかな、と最近思っています。 と、いうのもたくさんの白...

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

スカルプDといえば、頭皮ケアシャンプーで有名ですが、そのシリーズから白髪染めが発売になりました。 頭皮ケア品を出している...

資生堂プリオール カラーコンディショナー

資生堂の「プリオール」は、化粧品のシリーズ名。 基礎化粧品やファンデーションなんかもあるんですが、白髪用カラーコンディシ...

このページの先頭へ戻る