シーラボ ヘアカラートリートメントスピード3

ドクターシーラボの白髪染めは、だいぶ以前に使いました。

15分の待ち時間で色は入りやすかったんですが、次の日のシャンプーで色落ちしてしまい、ちょっとガッカリ。

しかしその後、3分の待ち時間で白髪に色が入る「ヘアカラートリートメントスピード3」という製品が発売に。

3分ってすごいですよね。本当に染まったら大したもんだぞ、と思いながら使ってみました。

 

以前の製品はシックなパッケージでしたが、今回のはハデハデ

 

チューブは235g入りと大容量。どっしり重いです。

見た感じピカピカで滑りそうだなーと思いましたが、使ってみると手にひっかかるような材質でした。濡れた手で使っても滑らず、使いやすかったです。

白髪染めは色々使ってみてますが、待ち時間が3分でいい、という製品はこれが初めてでしたね。染料の吸着する力が強いのかな。

どんな技術でそれが可能になったのかはわかりませんが、待ち時間が短いのはありがたいですね。さっそく、使ってみることにしましたよ。

 

本当に3分で色が残りました

この白髪を染めてみます。

 

液は固めでプリプリした感じ。こういう質感だと髪につけやすいし、塗ってからも垂れてきませんね。

 

前のシーラボヘアカラーは、けっこう強い香りがしたんですけど、スピード3は なんの香りもしません。私は強い香りが苦手なので、この点も好感がもてました。

コームを使って分け目や生え際を中心に塗っていき、塗り終わった時点でシャワーキャップをかぶりました。

 

待ち時間は3分でいいんですが、身体を洗ったりしていたら5分くらい経ちました。

きっちり5分置くのって、かえって難しいかもしれませんね^^;ちょっと長く置く分には問題ないでしょうから、そのまますすぎました。

そうして乾かしたのがこちら

 

たった3分やそこらで、これだけ色が入れば充分使える!という印象。乾かした後も、ポリマー類の人工的なサラサラ感がないのが私にはとても好きな感触でした。

冬場など、お風呂場で長い時間過ごすのはしんどい、という時期にもこれなら苦じゃなく使えそうです。

 

翌日のシャンプーでも、あまり色落ちしない

前の製品が残念だったのは、翌日のシャンプーでせっかく入った色があらかた落ちてしまった点でした。

短い時間で色が入るようになったぶん、より落ちやすくなっていたら何にもならないよね・・・とちょっと疑うような気持ちで、翌日シャンプーしてみました。

そしたら、泡がすごい色。使った色はダークブラウンなんですが、泡は真っ黒でした。

面白いと思ったのは、他の製品で色落ちしやすいものは、シャンプー前のお湯で流した時点で、すすぎのお湯に色がつくんですが、スピード3はお湯で流した時点ではそんなに色は落ちなかったんです。

シャンプーすると色がつくけど、お湯で流しただけでは色落ちがないので、汗をかいたくらいでは色落ちしないんでしょうね、きっと。

色のついた泡は、すぐに流せば浴室に色がつくことはないと思いますけど、ちょっとビックリしました。

 

あまりにも泡の色がすごかったので、すすぎのあと、乾かしたら色が残ってないかも・・・と思いましたが、意外と

「もとの白髪に戻ってしまった」

というほどではなく、ちゃんと残ってました。なかなか良い感じです!

毎日使っておけば真っ白な状態にはならないので、シャンプーのたびに真っ黒な泡が出るのが気にならなければ、便利に使えると思います。

 

価格は3,456円(税込)と、最近の白髪染めトリートメントの中ではちょっとお高め。

でもポリマー類も配合されていないし、オイル類が多く髪もしっとりするので、その点を考えると妥当でしょうか。

公式サイトで定期購入すると、割引があるみたいですよ。

シーラボヘアカラースピード3の公式ページはこちら

 

 

※ここからは、以前のヘアカラートリートメントを使ったときのレビューです。

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント

たいがい、失礼ながら聞いたことがないメーカーのものが多い「白髪染め」なんですが、あの!ドクターシーラボにも 髪を傷めない「ヘアカラートリートメント」があると聞きました。

 

こりゃ使ってみなくちゃならんだろう ということで、使ってみましたよ。皮膚の専門家である化粧品メーカーが作っているだけのことはあって、トリートメント効果はなかなかのものでした。

ドクターシーラボのブランド力で心惹かれるのは私だけじゃないと思います。

10分~15分の放置時間で色が入るのも、ピュアハーバルやレフィーネに比べると良い点ですね。

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント チューブ

ドクターシーラボのヘアカラートリートメントはチューブタイプです。大きさはピュアハーバル・ヘアカラーと同じくらいかな?テクスチャというか、液の柔らかさもピュアハーバルに似てますね。

 

外箱や説明書に、ショートカットならピンポン玉何個分、と 使用量について書いてあります。使う量はちょっと多めな感じかな。

 

刺激臭もないし、柔らかめなので髪に塗りやすいです。

 

他のヘアカラートリートメントと同様に、素手で使っても大丈夫なんですが、私は念のため手袋をして使います

髪につけるときも、細かいところまで色が入って欲しいから毛染め用のクシで塗るようにしてますね。

 

白髪が目立つ頭頂部から塗り、徐々に全体に塗りました。これはどのヘアカラートリートメントを使うときも同じ。

やっぱり分け目と てっぺんが目立つんですよね、白髪って。

たっぷりつけて、10分~15分置きましょう。シャワーキャップをかぶっておくと より色が入ります。

 

お風呂場で手が濡れていて、手袋をつけにくい時は、チューブからクシに直接ヘアカラートリートメントをつけると手が汚れなくていいですよん。

15分くらい放置して流すと、キレイに色がつきます

染める前と比べてみて~

染める前の頭

髪もツヤツヤになるし、なかなか調子いいです。

 

ただですねぇ、1点気に入らない点がありました。それは色落ち

染めた翌日はキレイに色も入ってるし、ツヤも出ていいんですけど、翌日・翌々日とシャンプーを続けていくと すごく色落ちするんです。流したお湯にすごく色がつくし、乾かしたあと、白髪に戻ってるのがわかります。

2日目でこんな感じに

ドクターシーラボ ヘアカラートリートメント 色落ち

 

これはちょっと意外なことでした。

利尻ヘアカラートリートメントは同じヘアマニキュアタイプで、やっぱり15分くらいの放置時間で白髪が染まります。

ヘアマニキュアだから、いったん染まった白髪もシャンプーを続けていくと少しずつ白く戻るんですが、ここまですごく色落ちはしませんでしたね~。

その点がちょっとがっかり。有名メーカーだし期待してたんですけど、私はこれはリピートしないな、と思いました。

染めた翌日の髪の色や、髪のコンディションはすごくいいんですけどね~。頻繁に染めるとしても、ネームバリューのあるメーカーのものが良い、という方にはいいかもしれません。

 

このページの先頭へ戻る