白髪染め体験記

グリーンノートヘナ オーガニータ

無添加せっけんなど、自然派の化粧品を作っているグリーンノートが販売している、グリーンノートヘナ オーガニータで、白髪を染めてみました。

ここのところ、ずっとトリートメントタイプの白髪染めを使ってきたので、ヘナを使うのは久しぶり。

たまに使うと、最初に感じるのは「やっぱりちょっと面倒」ってことでしたが、頭皮のクレンジング効果・髪の補修効果はさすがで、スッキリしました。

 

私が以前に使っていたヘナは、美容室専売品で、ちょっぴりジアミンが配合されているものでした。

だからしっかり発色したんですよね。本当にヘナだけ、の粉末だと、オレンジ色で褐色には発色しません。インディゴで2度染めするなどして褐色にするんですが、非常にめんどくさい^^;

しかしグリーンノートさんのヘナは、着色効果がある植物粉末を数種類、最初から配合してあるので、一回で褐色に染めることができるとか。

それならしっかり染まっていいかも?と思い、買ってみました。

 

オーガニック染毛料としては、なかなかの染まり具合でした

グリーンノートヘナ オーガニータの内容は「粉」だけです

綺麗なグリーンの粉で、「ザ・ヘナ」って感じですね~

オーガニータには、色がつかない透明から、私が今回買ったディープブラウンまで色味が5種類あります。白髪の量や、現在の髪の色に合わせて選ぶといいですね。

 

さっそく、この白髪を染めてみます

 

ヘナはぬるま湯で溶くと滑らかになりやすく、発色もしやすいです。

 

量を見ながらお湯を注いで、マヨネーズとかケチャップくらいの柔らかさに溶きます

添加物が少ないほど、ダマになりやすく溶けにくいんですよね~。染めてる間にもだんだん固まってくるので、その時は差し湯して伸ばすといいですよん。

でも柔らかくし過ぎると顔に垂れてくるから、そこは調整して。

 

使う量については、説明書にはショートカットでも1回に100g(ひと箱全部)使ってくださいとありましたが、個人的には量が多すぎるかな?という感じ。

伸びた部分のレタッチなら、髪の量にもよりますが、40gくらいで充分じゃないかなと思います。

 

ヘナの場合、手袋は必須

手がかぶれるわけじゃないし、色もべつに付かないんですけど、泥がついた状態になるので非常に不快ですからね。

 

さて髪の根元につけていきます。地肌について構わないので、べっとりたっぷり!塗っていきます

ケミカルな発色成分が入っているものは、この時点でかなり黒いんですけど、オーガニータはさすが100%天然成分なのでキレイなグリーンのまま。

ヘナに慣れていてもちょっとだけ、「この色に染まったらどうしよう」と毎回思ってしまいます。そんなことはないんですけどね。

 

たっぷりのせたら、シャワーキャップをかぶりタオルで巻いて温めておきます。

よりしっかりと発色して欲しい場合は、ドライヤーで温めたり、フリースなどのより温かい生地の帽子をかぶるといいと思います。

 

ヘナの放置時間は長い。私にとってはこれが一番、ヘナから遠ざかった理由なんですよね。1時間以上は放置しなくてはなりません。

長い時間を置くほど、よく発色するし色もちしますから、待てるなら1時間半は待った方がいいでしょう。私は1時間が限界でした。

 

放置時間が過ぎたら、シャワーキャップやタオルを外して、10分くらい待ちます。経験上、この時間があるのとないのとでは、色の落ち着き具合が違うのでおすすめ。

1時間以上放置したヘナは、泥状に固まっているので、垂れてくる心配はありません。

触ったら手につくから、そこは注意ね。

ヘナは白髪に色をつけるだけでなく、毛穴に詰まった汚れも吸着して落としてくれるし、髪がスカスカになった部分に入り込んで、補修してくれる働きもあります。

なので流した後は頭皮もスッキリするし、髪も若いころのように重さが戻って、なかなかいい感じ

天然成分だけのヘナだと、もやっと染まるだけかも?と思ってましたが、しっかり染まりました。ただ、私が待ちきれなくて1時間放置で流しちゃったせいか、染めたては緑色っぽい染まり上がりになりました。

もともと、ヘナって流してから24時間くらいで完全に発色するので、染めたての色が薄くてもあまり心配いらないんですけどね。

最初から褐色に染まって欲しかったら、やっぱり放置時間をしっかり取らないといけないかなと思いました。

 

久しぶりに使ってみて、やっぱりヘナは髪に良いよな~とも感じました。

でもね、頻繁に使うにはやはり、めんどくさいです。白髪の量があまりない人には特に、ヘナは面倒、という気持ちの方が強くなるかも。

私のように、ほとんどの頭髪が白髪という場合は、日常的にはトリートメント類で染めておいて、ひと月かふた月に1回くらい、頭皮ケアも兼ねてヘナを使うのはいいかなーって思います。

以前に使っていたジアミン微量入りのヘナと変わらないくらい染まったので、今後はそんな風に使っていくかも。と思った白髪染めでした。

グリーンノートヘナの販売ページはこちら

 

関連記事

SYOSS(サイオス)カラーリフレッシャー

SYOSS(サイオス)のカラートリートメントで、白髪を染めてみました。 サイオスは、シャワルツコフヘンケルから発売されて...

オルビスヘアクイックマーカー

オルビスの部分染め、ヘアクイックマーカーを使ってみました。 お出かけ前にサッと使える部分染めは、ここんとこマーカータイプ...

エムズワン ヘアカラートリートメント

大手ドラッグストアで販売されているPB品、「M's one」の白髪染めを使ってみました。 これはツルハドラッグ系列のドラ...

ビゲン カラートリートメント

白髪染めのビゲンから、少しずつ白髪を目立たなくさせるカラートリートメントが出ました。 待ち時間は5分、シャンプー後に使う...

ジュエリー婦人

フラーレン配合のトリートメントタイプの白髪染め、ジュエリー婦人を使ってみました。 品名を聞いた時は「チューブに大きく『ジ...

フラガール カラートリートメントリッチ

フラガールはサロン専売品のヘアケア剤を作っているメーカーが開発した、家庭用のヘアカラーシリーズです。 「フラガールカラー...

和花髪(わかがみ)

和花髪は、世田谷自然食品が販売している白髪染めです。 健康食品メーカーが白髪染めとは珍しい・・・と思いましたが、考えたら...

綺和美(きわび)Root Vanish

綺和美は、白髪に直接つける筆タイプの部分染めです。 部分用の白髪染めも、ここ数年で増えましたね。 以前は量の少ない白髪は...

このページの先頭へ戻る