白髪染め体験記

彩ニュアンスカラーN

おかげさまで、たくさんの方にこのサイトを見ていただき、ありがとうございます。

お問い合わせやご相談をメールでいただくたびに、本当にたくさんの方が見てくださってるんだなぁと感じます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせなどの他に、「こういう白髪染めもありますよ」と教えていただくこともあります。今回はそうして教えていただいた「彩ニュアンスカラーN」という白髪染めで、白髪を染めてみました。

私は初めて知った製品なんですが、大手ネット通販サイトでも扱われていて、なかなか人気の高い白髪染めのようです。

発送まで4,5日、ということでしたが翌々日には届きました。配送に関しては、利用するショップによって違うのでしょうが、思ったより早く届いたのはよかったですね。

 

パッケージはちょっと変わってる

トリートメントの方はパウチに入っていて、アシストローションの小さなボトルが同梱されているんですが、まとめるように紙のパッケージでぐるりと巻いてある。

届いたパッケージを開けてみたら

むむっ、何か手につきましたよ!?

開いてみると、ローションがちょっとだけですが漏れてました。ローションのボトルは密封されているわけではなさそうなので、手元に届いた時は注意して開けた方が良いと思います^^;

 

ジアミンが入っていないのに、ちゃんと染まる

さてそれではこの白髪を染めてみますよ

彩ニュアンスカラーは、いったんシャンプーして乾かしてから使ってくださいとのこと。これはたぶん整髪料などをきちんと落とす必要があるってことと、髪が乾いた状態の方が色が入りやすいということなのかと思います。

私は整髪料を全く使わないし、リンス類も使っていないのでこのまま染めてみることにしました。

 

ボウルにトリートメントを出し、トリートメント量の10%に当たる量のアシストローションを混ぜます。

私は根元のリタッチにだけ使うので、30gくらいで充分です。家に毛染め用のボウルや刷毛ブラシ、量りがないと不便かもしれませんね。

 

トリートメントとローションを混ぜて使います

強くはないんですが、美容室の匂いがします。トリートメントよりローションの匂いのようでした。刺激臭ではなく、ラジウムのような匂いです。他の人はすごく近くにこないと分からないみたいでしたが、塗ってる本人はかなり匂いを感じます。

白髪の部分にのせて15分ほど放置。温めると良いということなので、シャワーキャップをかぶった上から熱くない程度にドライヤーを当て、フリースの帽子をかぶっておきました。

15分経ったら帽子とキャップを外して5分ほどクーリング。液のついた頭がむき出しになり、タンパク質くさいのが苦手な私にはちょっとキツかったですが、頭皮に刺激は感じませんでした。

丁寧にシャンプーして終了。リンスやトリートメントをしてもいいみたいですが、彩ニュアンスカラー自体にトリートメント剤の働きがあるので、特にしなくてもいいみたいですよ。

 

さてさて染まり具合はというと

染まりましたねー。

彩ニュアンスヘアカラーは、ヘナともジアミン系の染毛剤とも違う染まり方をするようです。製造元のイリヤコスメティックス公式ページによると、髪の内部に染料を入れ込む方式で、ヘアマニキュアとも違うのだとか。

脱色剤も酸化染料も使われていないので、市販の白髪染めと違って髪は傷まないようです。

乾かした後は髪がつるんつるんでしたが、帯電防止剤・コーティング剤がけっこう入っているので、その働きかと思います。

 

好き嫌いはあるけど、おおむね良い白髪染め

私にはとにかく、匂いがキツかったですねー。ツンとくるような刺激臭ではないんですが、イオウっぽい匂いですごく苦手。特に刺激は感じませんでしたが、香料も配合されているのでちょっと私には向かないみたいです。

シクロメチコンやジメチコンコーティング剤や、尿素など皮膚軟化剤が数種類入っているのも、ちょっと気になりました。

染めた翌日は、シャンプーしてすすぐとお湯にけっこう色がつきますが、一気に褪色してしまうようなことはありませんでした。ヘアマニキュアタイプの白髪染めより、色持ちも良さそうです。

ジアミンが入っておらず20分くらいの待ち時間で色が入るし、以前試したマロンマインドカラーのように変な色に染まることもないので、イオウのような匂いに弱くない人には良いかと思います。

というわけで、彩ニュアンスカラーはまあまあ悪くない白髪染めでした!

彩ニュアンスカラーの販売ページへ

 
こちらもどうぞ

マキアレイベルナチュラルヘアカラー

美容液ファンデーション「薬用クリアエステヴェール」で有名なマキアレイベルから、白髪染めトリートメントが発売されていました...

 

このページの先頭へ戻る