白髪染め体験記

モイストヘアカラー

2017.12.30 追記:
現在、この商品は公式ページ上での掲載がなく、販売を停止していると思われます。

 

 

白髪を「白髪染めで染める」というのがスタンダードではなくなってきたのかな、と最近思っています。

と、いうのもたくさんの白髪をカバーする方法が出てきたからなんですよね。

ちょっと前のように、髪が傷むのを我慢して刺激の強い白髪染めを使い、白髪をとにかく全部、黒くしなくちゃと考える人が減ったんだと感じるからです。

ある程度の年齢になっても、明るくきれいな髪色に染めている人は多くいますし、白髪交じりでも素敵な髪型にしている年配の方も見かけます。

それに、髪が傷んでしまうくらいなら、外出する時だけカバーして、なるべく髪じたいが傷んでしまわないようにケアしようという人も増えてるなぁと感じています。

だから最近は、白髪染めよりも白髪隠しの方がたくさん新製品が出てるように思いますね。

 

髪のBBクリーム、というわりには・・・

自然派コスメが好きで、よくコスメショップに買い物に行くんですが、そういうお店でも最近はよく、白髪を隠す製品を目にします。今回試してみたモイストヘアカラーも、自然派コスメをたくさん扱っているお店で買いました。

パッケージは爽やかでかわいいパステルブルー

これ、買ってから気が付いたんですけど、色によってパッケージの色が違うんですね。ブラウンカラーのパッケージはブルーなんですが、ダークブラウンはピンクのパッケージでした。

だいたい、どんな製品もパッケージは同じものが多いですから、こういうのはちょっと珍しいなと思いましたね。

 

この白髪を隠してみます。

 

髪のBBクリームと書かれていたので、チューブの中身は固めのクリームを想像していました。ところが出してみたら、かなりサラサラの液だったので、ちょっとびっくり

これだと、お出かけ前の乾いた髪につけたら、髪が水分を吸ってうねったりパリパリになったりしませんかね・・・?

というかその前に、手のひらに出して使うのはNGでした。サラサラしている分、てのひらのシワや爪の間に入り込みやすくて、色がけっこう残っちゃうんですよ。

 

専用のクシもパッケージの中についていたんですが

 

液がサラサラすぎて、クシめをつけると、ポマードをつけたみたいな感じになってしまいます。これはちょっとどうかな?と思いつつ、塗った後はこんな感じでした。

まんべんなく塗れてないので白髪が目立つ部分もありますが、つけたところはちゃんと白髪が目立たなくなってます。なので丁寧にちゃんとつければ、色が残りにくいトリートメントタイプの白髪染めを使うより、白髪は目立たなくなるかと思います。

でも、やっぱり髪が濡れた感じになるし、ぺったんこになっちゃうんですよね。なので個人的には、継続して使いたいとは思えませんでした。

もうちょっと、テクスチャに重さがあって髪にふわっとからんでくれれば良かったかなと思います。

 
 

このページの先頭へ戻る