白髪染め体験記

パーフェクトワンヘアカラー

新日本製薬から発売されている、ムースタイプの白髪染めトリートメントがパーフェクトワンSPヘアカラーです。

トリートメントなのに泡タイプ。つい先日使ってみたキラリもそうでしたが、まだまだ珍しいタイプです。

 

しかしパーフェクトワンは、それにもまして使い心地が特殊でした。

私もだいぶ色々な白髪染めを使ってますが、他にはなかったですね、こういうのは。

 

パーフェクトワンは、基本的にはシャンプー後に使うんですが、シャンプー前の乾いた髪に使ってもいいみたいです。

乾いた髪に使うほうが、色が定着するようですが、整髪料などがついていないことが前提。

ふだん何も髪にはつけない、という人は、シャンプー前に使うと色づきがより実感できるかも。

私はシャンプー後に使ってみました。

 

この白髪を染めてみます

スプレータイプだと、使う前についボトルを振りたくなるんですが、これは振らないで使います。キャップにも「振らずにご使用ください」と書かれてますね。

手のひらに泡を出し、染めますよ~

 

シャンプー後、よくタオルドライした状態の髪に、泡をのせるんですが、この泡がすんごいフワンフワン

ムースというより、スポンジボールみたいです。弾力がすごくて、泡が全然つぶれない。髪につけていっても、泡がしっかり立ったまま。

そして弾力を保ったまま髪をホールドするので、液だれしません

この感触、すごく面白かった(笑)

シャンプー後にカラートリートメントを塗布すると、どうしても多少は液だれするんですよね。温まってるというのもあるし、どんなにタオルドライしても、完全には乾いていないので。

でもパーフェクトワンは泡の力で髪をまとめてくれるので、色のついた水が自分の体に流れることがなく、とても気分よく使えました。

もっとも、カラートリートメントの液が体を流れても、色がついたりはしないんですけどね。気分的に、洗った体の上を黒い水が流れるのは、嫌なものですから。

放置時間は5分程度でいいんですが、初回や色づきをしっかりとさせたい場合は、もっと長く。最長で1時間まで置けるみたいです。

私は10分くらい、おいてみました。

 

さて、すすいで乾かしたのがこちら

あら、写真で見ると色が変わったみたい?肉眼で見ると、もうちょっと前の髪色のまま、染まったように感じます。

髪の根元に注目してみると、色はハッキリとは入っていませんが、ぱっと見は白髪が目立たない、という感じです。シャンプー後に塗布して、10分放置でこれくらいですから、染まり方は標準的といったところでしょうか。

液だれせず扱いやすいのと、継ぎ足しせずに1度出した泡で髪全体がカバーできる点がすごくいいなぁと思いました。色も、シャンプー前に使えばもっと入ったのかもしれませんね。

香りも特に強くないし、なかなか良い白髪染めだったと思います。

 

関連記事

髪萌ヘアカラートリートメント

女性美容誌で最近よく見かける、「髪萌(はつもえ)」を使ってみました。 自然食品や化粧品を作っているメーカーの製品で、成分...

ルプルプ ヘアカラーフォーム

気に入っている白髪用カラートリートメントのひとつ、ルプルプにも泡タイプのものが出たので、さっそく試してみました。 ちょっ...

50の恵 お出かけ前の白髪かくし

使いやすいマーカータイプの部分染めが、ロート製薬の50の恵からも出てました。 使うたび染まるタイプだそうで、伸びてきた白...

シエロ オイルインヘアマニキュア

白髪染めといえば、一般的には2剤式の市販の白髪染めを思い浮かべる人が多いんじゃないかと思います。 同じくらいメジャーで、...

シーラボ白髪かくしボリュームパウダー

黒いパウダーと定着スプレーをセットで使うタイプの部分染めが増えてます。 広範囲の白髪を隠すのと同時に、地肌が目立つのも防...

ビゲン白髪かくしヘアマスカラ

ビゲンから発売されている、マスカラタイプの白髪隠しがとても使いやすくなった、と聞き、どんな感じなのか使ってみることにしま...

POLA グローイングショットカラートリートメント

高級で高価なイメージがある国産化粧品メーカー、POLAのエイジングヘアケアシリーズ「グローイングショット」。 シャンプー...

キラリ カラートリートメントムース

ドクターズコスメを作っているナノエッグから出ている白髪染め、「キラリ(煌髪)」にムースタイプがあると聞き、使ってみました...

このページの先頭へ戻る