白髪染め体験記

プラシャイン

※現在、この商品は販売を停止しているようです。

 

 

白髪を染めるヘアカラートリートメントがどんどん出てますね~。おしゃれ染めと違って、白髪はわりと頻繁に染めなくてはならないので、髪を傷めないヘアカラートリートメントの種類が増えるのは嬉しいです。

最近、「プラシャイン」という白髪染めを知ったので、早速使ってみましたよ。

白髪染めのヘアカラートリートメントって、どれもうたい文句が似てますよね。

髪や地肌を傷めず

手間なく

美容院で染めるより安くキレイに染まる

って感じ。配合成分も、クチナシなど天然色素で染めますよーというものが多いです。

でも、今回使ってみたプラシャインには、ちょっと変わった成分が配合されてました。

それは「プラセンタ」

プラシャインの「プラ」はプラチナ??とか思ったんですがそうではなかったのね(笑)

白髪染めのパッケージってブラウンとか赤系のものが多いですが、プラシャインはターコイズブルーですね。
↓↓↓↓↓
プラシャインのパッケージ

 

シャンプーの後に使うタイプ

これは利尻ヘアカラーやルプルプと同じ使い方で、シャンプーの後に使うタイプです。

染める前の髪の色。
↓↓↓↓↓
プラシャイン 染める前の髪の色

いい感じに段差ができてますね(笑)

 

これを「プラシャイン」で染めます。

今回使ってみたのは、「ダークブラウン」
↓↓↓↓↓
プラシャイン ダークブラウン

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めには、ライトブラウン・ダークブラウン系が多いですよねー。

 

プラシャインの使い方は、利尻ヘアカラートリートメントやドクターシーラボのヘアカラートリートメントと同じく、シャンプー後にトリートメントするように髪につけて15分ほど置き、流す。というものです。

素手でも使える、というふれこみ。
↓↓↓↓↓
プラシャインを手にのせているところ

でもね~、これ、素手で使うと結構、色がついてしまいます

 

掌にのせてすぐ洗ったけど、ちょっと色が残りました。
↓↓↓↓↓
プラシャインの色が残った手

なので、お風呂場で使う時は、クシか目の粗いブラシのようなものを使った方がいいと思います。お風呂場でゴム手袋をはめるのは、ちょっと大変ですからね~。

 

プラシャインはテクスチャが柔らかくて、すごくいい香りがします。私の使った印象では、レフィーネにとても似た感じでした。

容器は利尻ヘアカラートリートメントのボトルや、レフィーネのポンプ式ボトルの方が使いやすかったかな。

プラシャインがいいなと思った点は、髪によく絡むこと。柔らかいテクスチャで軽いので、髪の広い範囲に伸ばしやすく、平面的にべっとりしないので、髪の表にも裏にも塗布できました。

そして、髪がしっとりつるつるになる感触も、とても良かったですね。

傷んだ髪の修復力が強いなと感じる点は、ドクターシーラボのヘアカラートリートメントに近かったですね。ドクターシーラボの白髪染めはすぐ色が落ちてしまったんですが、プラシャインの方がもつって感じ。

 

染めた後の髪の色はこんな感じです
↓↓↓↓↓
プラシャインで染めた後の髪の色

1回でばっちり色が入るかというと、ちょっとビミョウ。この点もレフィーネと同じく、何日に1度か、髪をいたわるトリートメントとして使っていくと、髪もキレイになるし白髪も目立たなくなるという感じですね。

プラセンタの働きで白髪が増えるのをゆっくりにできるかどうかは、私のように頭頂部がほぼ真っ白になってしまってからは効果のほどは判断できませんね(笑)その点はちょっと残念~。

30代後半になって、急に白髪が増えてきたなーという人は、使ってみる価値があるかと思います。

ちらほら白髪が出てきた時に使って、髪のケア・白髪のケア・地肌のケアとできたらいいですよね!

使った次の日は髪がつるつる、すごくいい香りがして気分も良かったプラシャイン。黒もあるみたいなので、そちらもちょっと試してみたいと思いました。

 

ブラックも試してみました

プラシャインにも黒があり、最近は利尻ヘアカラートリートメントにも黒があるということで、「黒いヘアカラートリートメントはどんな感じかしら」と興味がありました。

と、いうわけで、今度は黒を使ってみましたよ。
↓↓↓↓↓
プラシャイン ブラックのチューブ

 

ダークブラウンも使い終わってないんですが、好奇心が勝って買いました(笑)
↓↓↓↓↓
プラシャイン ダークブラウン&ブラック

 

「お風呂場に並んでたらわかんなくなるのでは!?」とも思いましたが、はっきりシールがついてるから大丈夫そうです
↓↓↓↓↓
ブラックのシール プラシャイン

ダークブラウンで染めてから、1週間ほど放置した白髪に使ってみました。

 

シャンプーは石鹸系のものを使い、髪に塗布して待つこと25分ほど。流して乾かしてみたところ、やはりダークブラウンより髪の色が暗くなる感じで色がつきました。
↓↓↓↓↓
プラシャイン ブラックで染めた髪

暗い色が入るので、ダークブラウンより染まったように感じます。実際にはダークブラウンより染まっているわけではないと思いますけど、白髪を目立たせない、という目的にはブラックの方があってるかと思いますね。

 

当たり前だけど、ブラックもダークブラウンもおなじいい香りで、髪によくからんで塗布しやすかったです。

プラシャインだけでなく、利尻ヘアカラーやレフィーネもそうなんですが、この手の白髪染めは白い毛が伸びてしまってから使うと、あまり色が入らなくてがっかりするかもしれません。

市販の白髪染めや美容院でのカラーでは髪が傷んでしまうので、その間隔を開けるために使う、という使い方がいいと思いますね。

 
こちらもどうぞ

モーニングレフィーネ

最近、レフィーネには色んなタイプの白髪染めがあると聞き、試してみたいと思い 朝使うタイプの「モーニングレフィーネ」を買っ...

モーニングレフィーネ チューブ

 

このページの先頭へ戻る