白髪染め体験記

ビゲン おでかけ前の生え際かくし

※追記:この商品は2014年秋に製造が中止になっています。詳細は下記のリンクより公式ホームページにアクセスの上、ご確認下さい。

参考:発売中止品|ヘアカラーのホーユー(hoyu)

 

アートミクロンで地肌の薄いところを隠せることに味をしめた私。

顔周りの白髪も、白髪染めをする合間にちょちょいと隠せたら便利じゃない?と思い、市販の「ビゲンおでかけ前の生え際かくし」を使ってみました。

 

アートミクロンは頭頂部などの広い範囲の白髪を地肌ごと隠すにはとても便利なんですが、顔の横に見える白髪を隠すにはちょっと不向きなんですよね・・・。

おでかけ前の生え際かくしは、よく行くスーパーのヘアケア品コーナーで見つけました。

最近はこういう、ちょっとした白髪隠しがたくさん売られてまして、タイプも色々あるので見ていてなんだか楽しいです。

 

一部だけ目立つ白髪には最適

さて、早速この生え際の白髪を隠してみることに。

 

おでかけ前の生え際かくしは、細い缶のボトルです。ノズルは小さなブラシのようになっていまして、ブラシの中に泡状で液が出てきます。

 

市販の白髪染めにはコームの中に泡で出てくるタイプがよくありますが、生え際かくしはブラシがとっても小さくて、使いやすかったですね~。

広い範囲の量の多い白髪染めに使ったらもどかしくなると思いますが、生え際をちょちょっと隠すにはバッチリな大きさ&泡の量。

これはかなり考えられていると見ました。

このノズルだけでもやりやすいんですが、更に細かい場所用に、より細くて小さなコームもついてます。

これ、数本だけ目立つ白髪があるの!という人にはとっても重宝だと思います。

 

で、肝心の生え際の隠れ具合ですが

写真がブレててすみません・・・でも、生え際の白髪は余裕で隠れました!

ビゲンおでかけ前の生え際かくしスゴイです。生え際にだけ白髪があって気になる!という人にかなり強力におすすめです。

 

ただこのサイト、「白髪染め体験記」なのに白髪染めではない製品を紹介している点は自分でもちょっと引っかかってるんですけどね・・・ちょっと使ってみたらとても調子が良かったので紹介した次第です。

製品名が「白髪かくし」なだけに、白髪は隠れますが染まりはしません。シャンプーすると完全に落ちます。私の使っている洗浄力の強くないシャンプーでも落ちました。

液を髪につけた後は、泡が消えると同時くらいにすぐ乾いてしまいます。多少パリパリしますが、見た感じ不自然にはならないですね。

少々汗ばんだくらいでは色は落ちませんでしたが、暑い季節に使ったり大汗をかいたらどうかな?

耳に髪をかける程度に触っても、指に色がついたりはしませんでした。

というわけで、ビゲンおでかけ前の生え際かくしは、商品名の通り生え際の白髪かくしに最適な製品でした!

 
こちらもどうぞ

資生堂ティアラカラーリンス

白髪用ヘアカラートリートメントがたくさん販売されるようになる前から、ちょっと髪に色がつくカラーリンスっていうのはありまし...

 

このページの先頭へ戻る