白髪染め体験記

ピュアリッチパーフェクト

私が初めて使ったトリートメントタイプの白髪染めは、ピュアハーバル・ヘアカラーでした。

市販の白髪染めを使うのをやめ、ヘナで白髪を染めるようになってから、髪と地肌の調子が劇的によくなりました。

でもそこで満足せず、欲張って「ヘナよりもっと手軽に使える白髪染めはないかな」と探していて見つけたんです。

そのピュアハーバルヘアカラーがいつの間にか新しくなっていて、色の入り方も良くなっていると聞き、早速使ってみました。

 

ピュアハーバルヘアカラーは、天然成分で白髪を染めるため髪にも地肌にも刺激が少なくて良かったんですが、白髪には本当に少しずつしか色が入らないので、その点で不満を感じる人が多かったようです。

私もその点は仕方ないと思っていました。以前使った様子はこちらの記事で読めます
>>ピュアハーバル・ヘアカラーを使ってみました

 

その後色々な製品が出てきて、もっとしっかり色がつくタイプの白髪染めトリートメントも売り出されるようになったんで、そちらを使うようになってました。

今回使ってみたピュアリッチパーフェクトは、どんなものかなーと楽しみでした。

 

ピュアハーバルヘアカラーより、ずっと染まった

パッケージの印象はピュアハーバルとあまり変わらないですね。

 

ゴム手袋とシャワーキャップが一緒に入ってました。

 

この白髪を染めてみます。

 

サボらずにヘアカラートリートメントを使っておいたおかげで、真っ白にはならずに済んでました。

今回のピュアリッチパーフェクトの染まり具合を見るために、4日ほど使うのをやめておいたのがこの状態です。

 

チューブは大きめでしっかりしてます。液がエナメルっぽい質感だったり、柑橘系の良い香りだったりと、ピュアハーバル・ヘアカラーとやっぱり似ていますね。

シャンプー後に使うヘアカラートリートメントが多い中、ピュアリッチパーフェクトはシャンプー前に使うタイプです。

シャンプー前の乾いた髪に塗り、15分ほど放置します。

放置時間も、ピュアハーバルヘアカラーより短くなってますね。

最初に使った時は、30分から60分くらい放置してました。短い時間で染まるのは助かります。

その後お湯ですすいで流し、ふつうにシャンプー・リンスしておしまい。

 

1回使った染め上がりはこんな感じ

確かに、以前のピュアハーバル・ヘアカラーよりしっかり色が入ります!

 

新技術で染まりやすくなった

ピュアリッチパーフェクトの公式ページによると、今までのトリートメントタイプの白髪染めの問題だった「髪質によって染まりにくい」という点を、平成24年3月に取得した特許技術で改善しているそうですね。

トリートメントタイプの白髪染めはヘアマニキュアであることが多く、髪の表面を色つきの成分でコーティングしてたりするんですけど、ピュアリッチパーフェクトは細かい色の粒子が髪の内部に入り込むので、色落ちも少ないです。

その代わり、ふだんポリマー類の多いコンディショナーや整髪料を使っていると、染まりにくいですけどね。

このへんは、同じように髪の内部に色素と補修成分を入れる煌髪(きらり)と似ていると思います。

あと、ピュアリッチパーフェクトはシャンプー前に使うんですが、シャンプー直後はちょっとゴワつきがあります。

なので、アルコール系かオイル系のアウトバストリートメントを使っておくと、より良いと思います。

というわけで、ピュアリッチパーフェクトはなかなか良い白髪染めでした!

 
こちらもどうぞ

アデランス ベネファージュヘアケアカラートリートメント

かつらで有名なアデランスには、頭皮へのダメージ対策としてヘアケアシリーズも作ってます。「ベネファージュ」はそのヘアケアシ...

 

このページの先頭へ戻る