白髪染め体験記

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

スカルプDといえば、頭皮ケアシャンプーで有名ですが、そのシリーズから白髪染めが発売になりました。

頭皮ケア品を出しているアンファーというメーカーが作った、ということで髪や地肌に優しいことは間違いない。

と思えてしまうのが我ながら面白いですが、実際にそうかどうか、早速使ってみることにしました。

 

白髪が増える年代と、抜け毛が増える年代はカブるものなので、刺激の強い市販の白髪染めで、髪も地肌も痛めつけてきたという人には期待大かなと思います。

私が買ったのは、ダークブラウンでした。

スカルプDボーテヘアカラートリートメントは、販売当初はダークブラウンとブラックの2色展開でした。

現在はナチュラルブラック・ダークブラウン・マロンブラウン・ローズブラウンの4色展開になってますね。

それぞれの色でパッケージの色が違うんですが、こういうのは最近、流行ってるんでしょうかね~。

ブラックは、チューブの上部がグレーのグラデーションになってました。パッケージで中身の色が分かるから便利なんでしょうかね。

私はダークブラウンしかだいたい使わないんですが、中にはご夫婦で違う色を使う、とかいう場合があるかもしれませんもんね。

 

私が買った時は、公式通販サイトでしか見ませんでしたが、今ではバラエティショップなどでも販売されています。

店舗では、ブラックとダークブラウンしか扱っていないみたいですけどね。

新発売記念ということで、私が買ったときには染毛用コームと、ヘアキャップがついてきました。

 

香り・成分・染まり方と上々でした

シャンプー前でもシャンプー後でも使えるということですが、色をしっかり入れたいならシャンプー前に塗り、長めに時間をおくと良いとのこと。私は白髪の量が多いので、シャンプー前に使ってみることにしました。

染めてみたのはこの白髪です。

 

けっこう長く伸びるまで放っておいたので、頭頂部の髪が薄いのも目立ってしまい、ちょっと可哀想な感じになってますね~。

乾いた髪に塗って、通常なら5分から10分の放置でいいみたい。

液は滑らかで弾力のあるタイプ。髪にからみやすくて、なかなか良い感じでした。

 

より長く色を入れたい場合は、20分くらい放置してくださいとあったんですが、使ってみた日はとても暑くてですね、汗をかいて液が流れてしまいそうだったんで、10分で流すことにしました。

乾いた髪に塗った場合は、最初によくお湯ですすいでから、通常のシャンプーをします。すすぎ湯に色がつかなくなっても、シャンプーするとちゃんと(?)色がつくので、かなり色がついてるんだなーとしみじみ。

液の香りはリラックスローズの香り、ということでしたが、バラはあまり強く感じませんでしたね。フローラル系のほのかな香り、といった感じ。香料の強いものは個人的に苦手なんですが、これは強すぎず弱すぎずでなかなか良い香りでした。

肝心の染まり具合はどうかというと

染まりましたね!

 

染料を髪の内側に入れ込むのと同時に、髪の表面にもコーティングする処方のようで、ここのところ使った中ではかなり良い方でした。10分放置でもこうだったので、20分放置すればもっとしっかり入ったのかな?と思います。

個人的には、ほんの少しとはいえ香料が入っているのが気になるところ・・・でもそのくらいでしょうか。

成分をみても特に刺激の強そうなものも使っておらず、苦手なポリマー類も多く入っていないので、安心して使えそうな感じ。何より色が入りやすいのがいいですよね。

値段は税込みで2,800円と、最近買った中ではちょっとお高めでした。定期購入だと少し安くなるみたいですけどね。

と、いうわけでスカルプDボーテヘアカラーはなかなか良い白髪染めでした。

スカルプDボーテ ヘアカラーの公式ページはこちら

 
こちらもどうぞ

資生堂プリオール カラーコンディショナー

資生堂の「プリオール」は、化粧品のシリーズ名。 基礎化粧品やファンデーションなんかもあるんですが、白髪用カラーコンディシ...

 

このページの先頭へ戻る