白髪染め体験記

シラガゼロポイントリッチカラー

※2017/4/2 追記:2017年3月31日をもって公式ページが閉鎖したようです。お知らせが掲載されていました。現在は販売を行っていないようです。

 

 

TV通販でも、白髪染めをよく販売していますね。

私は普段、TV通販の番組はあまり見ないんですが、先日たまたま見ていたら「シラガゼロ」の紹介をしていまして、つい買ってしまいました。

トリートメントタイプの白髪染めはよく使うんですが、部分的に白髪染めを隠すものはあまり使ったことがないので、生え際など目立つところの白髪を隠すのに使えるといいなぁと思いました。

顔の周りの白髪って目立つし、疲れて老けた印象になるから隠したいですよね。

さてシラガゼロは、筆タイプの白髪隠しです。

届いたシラガゼロポイントリッチカラーは、思ったよりも大きかったです。注文した時は、

「筆タイプのものなのに、1本2980円って高くない?」

と思ったんですが、大きさを見たら納得です。

筆の部分はミネラルファンデーションのブラシに似てて、柔らかくて肌触りのいい感じでした。

 

筆の部分の反対側に、OPEN、CLOSEの切り替えがあります。使う時はOPENにして、しまっておく時はCLOSEにしておくというわけです。

染めたいのはこの、生え際の白髪です

生え際の白髪って、他の部分の白髪よりなんだか情けないですよね(笑)

 

さてそれではやってみましょう

慣れないと一か所にベタッとつけてしまうので、キレイにつけるには少し練習が必要かもですね。

塗った後はこんな感じ

髪がもっとパリパリになるかと思ったんですが、予想より軽くつく感じでした。でも乾く前に触ると色がついてしまうし、ドライヤーで急いで乾かすと白っぽくなってしまいます。

出かける前、急いでちゃちゃっと使うのはキビしいかもですね。余裕のある時に使うようにした方がいいですね。

 

私はダークブラウンを買いましたが、色は他にブラックと、赤みの強いモカブラウンがあるようです。

シラガゼロは塗ったその時だけでなく、少しずつ色が残るので、使い続けていると白髪が染まっていくということです。

私が3回ほど使った印象だと、あまりしっかりとは色が残らないですね。あくまでも、その時白髪を隠すのに良いという印象です。

髪の長い人がハーフアップにする時や、まとめる時に目立つ部分を隠すのにも便利そうですね。

あとは、生え際や襟足に使うのには良いんですが、頭頂部はペタンコになってしまうので向かないと思います。あくまでも全体を染めるまでのつなぎに使うのがお勧め。という印象の白髪隠しでした。

 

このページの先頭へ戻る