白髪染め体験記

SYOSS(サイオス)カラーリフレッシャー

SYOSS(サイオス)のカラートリートメントで、白髪を染めてみました。

サイオスは、シャワルツコフヘンケルから発売されている、2剤タイプの白髪染めシリーズの名前です。

 

ジアミンが配合された白髪染めと同じシリーズから、ヘアカラートリートメントが出るのは珍しいですね。

これひとつで白髪を染めるというより、あくまでも、次の白髪染めまで「染めた色を綺麗に保つ」ために使ってね、という感じなのかな?と思いました。

でも外箱に「染毛料」とも書かれていることだし、2剤タイプは使わなくても色が入るならいいんじゃないかしら。というわけで、使ってみました。

 

サイオスのカラートリートメントには「白髪用」とハッキリ書かれておりまして、髪色を「リフレッシュ」する、という表現をしています。

2剤タイプの白髪染めで染めた髪の色合いと、染めたてのツヤ感を保ちつつ、伸びてきた白髪に少しずつ色を入れるので、全体的に白髪が浮かずなじんだ感じになるよ、ということみたい。

カラーバランシング処方、って名付けられてますね。染まってる髪にはうっすら、伸びた白髪にはしっかり、ってことなのかしら。

他の白髪染めトリートメントの場合は、「2剤タイプの白髪染めを使わずに、こっちにしましょう」的な雰囲気があるので、こういう製品はちょっと新鮮。

そして説明書をよく読んだら、別に2剤タイプの白髪染めを使わないで、これだけ使ってもいいんですね。

カラーリングした髪色を保ちたいなら週1回程度の使用、染めていない髪に使うなら、週2~3回使用、ということで、使用頻度の違いも明記されてました。

細かいことだけど、初めて使うと悩ましいところだから、親切だなぁと思いましたよ^^

 

チューブは標準的な大きさ。デザインはシンプルでスッキリしてますね~

色味は3色。赤みの強いウォームブラウン、グレーが混じったような印象のクールブラウン、深みのある暗いダークブラウンです。私はダークブラウンを選んでみました。

 

さて、それでは早速使ってみます。この白髪を染めてみますよ

シャンプー後に塗布して、5分程度待ちます。しっかり染めたい場合は10分置いてくださいとのこと。

「長めに」ではなく「10分」とハッキリ書かれてるのも、ちょっと珍しいかも。あまり長い時間置いても、着色効果は変わらないのかもしれませんね。

液はわりとプリプリしています。髪によくからむ質感ですが、このタイプは固まってのってしまいやすいので、コームかブラシを使って髪に馴染ませるといいと思いますね。

地肌にこすりつけないようにしながら、隠したい白髪の部分に塗布します。私はたいがい、白髪の部分にだけ塗って、毛先には別のコンディショナーをつけるようにしています。

もちろん、全体に伸ばしてつけてもかまわないと思います。

香りはちょっと強めかな・・・。いかにもなヘアケア品の香りがします。香りについては好き嫌いがあると思いますけど、私は人工的な香りが苦手なので、ちょっと強いと感じましたね~。

 

5分置いてお湯ですすぎます。すすぎ湯に色がつかなくなるまで流しますが、わりと早く色がつかなくなりましたね。

ものによっては、しつこくいつまでも色がついてくる製品もあるんですが、サイオスは髪に定着する分が多いのかな。あまり長く流さなくても大丈夫でした。

染め上がりはこちら

思ったより、しっかり色が残りました。

しっかり発色する、ジアミン配合の2剤タイプで染めてある髪なら、もっと目立たなくなるんでしょうね。私の場合は、発色する染料は使わないので、地肌に向かってどんどん白くなっているので、どうしても地肌近くは色が薄くなってますけど。

カラーリフレッシャーという名前になってますが、通常の白髪染め用トリートメントとして、充分使えるなーと思う製品でした。

 

サイオスの2剤タイプの白髪染めも、久しぶりに使ってみようかなと思って買ったんですけど

まだ使ってません^^;

髪色を変えてみたくなったら、使ってみようかなーと思ってます。

 

特にアレルギーがない人や、2剤タイプの白髪染めに抵抗がない人は、しっかり発色する白髪染めで染めておいて、次に染めるまでの間、トリートメントで色を保っておくとよりキレイな髪色が保てるかと思います。

通販限定品ではないので、マツキヨとかツルハなどの大手ドラッグストアで手軽に買えるのもいい点ですね。

値段はオープンらしくお店によって違いますが、みたところだいたい1500円から1800円くらいで販売されてるみたいです。

同シリーズの白髪染めを使っているなら特に、髪色を保てて便利じゃないかなと感じる白髪染めでした。

 

関連記事

オルビスヘアクイックマーカー

オルビスの部分染め、ヘアクイックマーカーを使ってみました。 お出かけ前にサッと使える部分染めは、ここんとこマーカータイプ...

エムズワン ヘアカラートリートメント

大手ドラッグストアで販売されているPB品、「M's one」の白髪染めを使ってみました。 これはツルハドラッグ系列のドラ...

ビゲン カラートリートメント

白髪染めのビゲンから、少しずつ白髪を目立たなくさせるカラートリートメントが出ました。 待ち時間は5分、シャンプー後に使う...

ふわ染め艶カラートリートメント

自然派の化粧品が好きで、よく新製品を見に行くんですが、そのお店で見つけて買った白髪染めです。 パッと見、商品名が全然わか...

フラガール カラートリートメントリッチ

フラガールはサロン専売品のヘアケア剤を作っているメーカーが開発した、家庭用のヘアカラーシリーズです。 「フラガールカラー...

和花髪(わかがみ)

和花髪は、世田谷自然食品が販売している白髪染めです。 健康食品メーカーが白髪染めとは珍しい・・・と思いましたが、考えたら...

綺和美(きわび)Root Vanish

綺和美は、白髪に直接つける筆タイプの部分染めです。 部分用の白髪染めも、ここ数年で増えましたね。 以前は量の少ない白髪は...

グリーンノートヘナ オーガニータ

無添加せっけんなど、自然派の化粧品を作っているグリーンノートが販売している、グリーンノートヘナ オーガニータで、白髪を染...

このページの先頭へ戻る