白髪染め体験記

レフィーネ(Refine)

追記:この記事は、旧パッケージ時代のレフィーネを使った時のものです。

現在レフィーネはパッケージをリニューアル。お得な大容量のパウチパックになりました。

名称も「レフィーネ ナチュラルカラートリートメント」に変わっていますが、中身は同じものです。

 

 

レフィーネの外箱

10代の頃から白髪があり、白髪染めを長く使ってきた私なんですが、ここ最近はレフィーネを使うことで髪が傷まなくなり、まとまりやすくなりました。

以前は髪を伸ばすなんて考えられませんでした。髪がバサバサになって、まとまらないし、ムリに伸ばしても切れてしまったんですよね。

でも、今は肩甲骨にかかるくらいのロングへアにできてます。

ヘナからピュアハーバルへと移ってきた私の白髪染めなんですが、ここへきて「レフィーネ」を使うことが多いですね。

そこで、今回はレフィーネの使用の様子を写真で紹介したいと思います。

 

ポンプ式のボトルが使いやすかった

レフィーネは、楽天市場でランキング1位の実績がある人気の白髪染めで、髪を傷めず頭皮に優しいと評判です。クチナシの色素を配合しているのが特徴で、髪の毛だけでなく体への刺激も少ないんだそうですよ。

ボトルは高さ20cmくらい。結構、大きいです。

 

外箱の側面に、使用量の目安がついてます。ミディアムヘアでゴルフボールかピンポン玉1個分くらい。

私の髪はロングですが、生え際だけを染めるので、この目安量くらいを使ってます。

 

ポンプ式なのが便利です。チューブ式だと、髪に染料をつけたぬるぬるの手でまたチューブを絞らなきゃならないでしょう?

ポンプ式だと、片手でぴゅっとすればいいから、とっても使いやすいです。

ピュアハーバル同様、素手で使えるこということなので手にのせてみました。このまま、シャンプーの時みたいに地肌近くの髪に揉みこむようにして、髪につけます。

 

当然、手はこんなことに(笑) でもこれ、洗うとすぐに落ちます。

 

さすがに水だけでは落ち切れませんけど。普通にハンドソープで洗うと、すっきり落ちます。

でもやっぱり、爪に入ると色が落ちにくいんですよね。なので、ゴム手袋を装着して染めたほうがいいと思います。

 

白髪が気になる生え際に塗りこんでいきます。

いつも髪が分かれる分け目には、特にたっぷりつけました。

 

生え際にたっぷりつけたら、顔にもついちゃいました(笑)でもちゃんと落ちるし、痒くもなりませんでしたよ。

私はいつも、白髪染めをのせた後はシャワーキャップを被ってドライヤーで温めてから、フードやフリースのキャップを被ります。

夏場は暑いから、シャワーキャップだけでもいいですけどね。

放置時間は15分から30分。白い部分が目立ってしまうほど髪が伸びていたら、1時間程度置くのをオススメします。

 

最初は何度か使ってください。

さて気になる染まり具合。

これが1回染めてみた髪。
↓↓↓↓↓
1回目の髪

これが2回目。
↓↓↓↓↓
2回目の髪

色がだんだん入っているのがわかると思います。

さらに、3回目。
↓↓↓↓↓
3回目の髪

このくらい色が入ったら、あとは3日か4日に1回、トリートメントする感じで使えばOK。白髪が目立たないうち(白髪染めをしたすぐ後)に使い始めるなら、最初から3~4日に1回でいいと思いますね。

上の写真でもわかると思いますが、すごく髪にツヤがでます。そして翌朝、髪がしんなりするんですよ。

私の髪はそもそもくせっ毛で、水分保持がよくできないらしくてすぐバッサバサになるんですが、レフィーネで染めた後は髪が広がらずにまとまりやすくなりました。

ところで、レフィーネやピュアハーバルで髪を染めた、という話をすると、よく「色が全然入らない」という方がいます。髪質もあるとは思いますが、コツもあります

 

まずは、「白髪が伸びてしまってから使い始めない」ということ。

レフィーネやピュアハーバルなどの「髪と頭皮に優しい白髪染め」を使い始めるのは、白髪が伸びてしまってからではなく、以前の毛染めの1週間くらい後からがいいと思います。

どちらも1回でばっちり色が入るタイプの白髪染めではないので、伸びてしまってから使うとなかなか色が入らず、以前の髪が傷むヘアカラーに戻りたくなってしまいます。

 

次に「染める直前は、髪を市販のシャンプーで洗わないこと」

髪を染める前の晩などは、普通のシャンプーでなく石鹸シャンプーなどで髪を洗うといいです。毛先にだけリンスをつけておけばOK。

市販のシャンプーやリンス剤には、合成ポリマーがたくさん入ってます。指どおりをよくするために働いてくれるポリマーですが、たくさん髪についていると、自然原料の白髪染めは色が入りにくい。

だから、染める前は石鹸で髪を洗って「素髪」の状態で染めましょう。

できれば、レフィーネで扱っている「ノンシリコンシャンプー」で洗うようにすると理想的です。

 

で、髪にレフィーネをのせたら、髪の根元にまんべんなくつくようにコームでなじませるか、指先でもみこみましょう。

そーしておいてシャワーキャップを被ったら、シャワーキャップの中が曇るくらいに温めます。寒い時期・寒い地方ではなおさら、「温める」のが効果的だと思いますよ。

そして熱を逃がさないように、蒸しタオルを巻くか、フリースかなんかで出来ている暖かい帽子をかぶっちゃいましょう。そうすると、色が入りやすいですよ。

「結構面倒」と思うかもしれませんが、1剤・2剤を混ぜてブラシで染める市販の白髪染めに比べたらとっても楽。何より、頭皮にフタされたような不快さがなく、髪もつやつやになるのがいいです。

 

現在は「ヘッドスパ」が主流

この記事を書いたのは2010年でしたが、2013年以降、レフィーネは「ヘッドスパ」が主流になっていますね。

レフィーネヘッドスパトリートメントは、ポンプと中身が別売りになっています。

レフィーネはリニューアル後、300gの大きなパウチで販売されてて値段はヘッドスパよりお得。

でも内容を考えると、私はヘッドスパを選びたいなーと思います。

レフィーネヘッドスパとレフィーネの違いは結構大きくて、白髪に色がつく点もヘッドスパの方が良いですし、白髪を染めながら育毛ケアも出来るんです。

どっちかを選ぶとなったら、ヘッドスパを勧めたいですね。

従来のレフィーネと色を混ぜることもできて、好きな色を作れる点もポイント高いと思います。

 

関連記事

利尻ヘアカラートリートメント

利尻といえば、地名ではなくヘアカラートリートメント、というくらい、利尻ヘアカラートリートメントって有名な製品だと思います...

シーラボ ヘアカラートリートメントスピード3

ドクターシーラボの白髪染めは、だいぶ以前に使いました。 15分の待ち時間で色は入りやすかったんですが、次の日のシャンプー...

久しぶりにヘナで染めてみました。

ジアミンや脱色剤が配合された、2剤式の白髪染めを使うのを止めて、最初に使ったのがヘナでした。 それまで、仕事の都合もあり...

ヘナのパック 2色

豊染花(ほうせんか)

光で染まるタイプの白髪染めも、種類が増えてきたようですね。 以前使ってみたものは使い心地があまり良くなかったんで、興味を...

ピュアハーバル・ヘアカラー

白髪が多くてずっと染めている私。 ヘナも気に入ってつかっていましたが、より手軽なものはないかと、ピュアハーバル・ヘアカラ...

このページの先頭へ戻る