白髪染め体験記

ヴァーナルヘアカラートリートメント

洗顔石鹸で有名なヴァーナルから、白髪染め用のトリートメントが新発売になったと聞き、さっそく使ってみました。

パッケージの見た目はなんとなく、ドクターシーラボの初期のヘアカラートリートメントに似てました。

 

ドクターシーラボのヘアカラートリートメントには、個人的にあまり良い印象が無かったので、ちょっと身構えてしまいました。

でもそんな必要なかったです。

使い方も今まで使ったヘアカラートリートメントと同じです。シャンプー後に塗布し、10分ほど待って流します。

 

公式ページによると、主な成分はクチナシエキスやムラサキ根エキス、リペアアミノ酸誘導体などで、白髪染めに多い海藻エキスは配合されていないようです。

公式ページにはラベンダーの香り、と書かれていましたが、むしろ柑橘系の香りがするなーと思いました。

 

艶がありちょっと固めのテクスチャ。手でつけるよりも、ブラシを使った方がうまく塗ることができそうな感じです。

付属にブラシもついてきます。手でつけるよりブラシを使った方が良いですよ、ってことなのかもしれませんね。

最初は手でつけてみましたが、手には色が付きにくかったです。ただ、手袋を使っておいた方が無難だとは思いますね。爪の先や指先のひび割れなどに入り込むと、なかなか落ちないですから。

 

髪の手触りがすごく良くなる

さて、この白髪を染めてみましょう

髪につけてる時にも、程よい香りがします。髪にしっかり香りが残るほどではない、ほのかな香りでなかなか上品。髪に絡みやすいテクスチャですが、ブラシに大量に出してボソッとのせると後から伸ばしにくいです。

少しずつのせた方がキレイに仕上がりそうですね。

 

1回染めた感じはこちら

けっこう入りました。

 

私は白髪が多いので、少しずつ色づくタイプの白髪染めトリートメントだと、全体的にうっすら色が残る感じで、あまり染まった感じは出ないんですが、こうして写真で見ると色が残っているのが分かりますね。

パッケージにわざわざ「本品は染毛剤ではありません」って書いてあるわりには、色がしっかり入ったと思います。

ヘアマニキュアタイプだからそんな風に書いてあるんでしょうか。でもトリートメントタイプの白髪染めはほとんどがヘアマニキュアタイプなんですけどね・・・。

 

使ってみた印象としては「悪くない白髪染め」でした。

色もけっこう入るし、上品な香りがするし、シリコン類が配合されていないのに、洗い上がりは髪がツヤツヤになります。

色落ちも普通で、特にひどく色落ちする、というわけでもなかったし。

でも、イチオシかと言われると、それほどでもないですかね^^;

同じくらいの使用感なら、もっと短い待ち時間で色が入るものもあります。たとえば、DHCのQ10クイックカラートリートメントとかね。待ち時間は5分で、髪の内側・外側にダブルで色を残すので、しっかり色が入ります。

値段もヴァーナルより安いので、そちらの方がおすすめかなと思いますね。

 
こちらもどうぞ

カバーグレイプレミアム

約1000円という低価格で手軽に使えた「カバーグレイ」シリーズから、染まりやすく保湿力も大幅にアップした「プレミアムヘア...

 

このページの先頭へ戻る