白髪染め体験記

VITALISM Kulo(バイタリズム クロ)

オーガニック原料などを使った化粧品が好きで、そういうものを扱っているお店によく行きます。

そこで白髪染めを見つけることが多くなりました。

VITALISMも、そんなお店で見つけた白髪染めです。

パッケージには、美人で有名な美容皮膚科の先生の写真がついてまして、みればその方も開発に関わっているとのこと。

白髪は頭皮の状態と切っても切れない関係だし、頭皮も皮膚の一部。これは地肌に優しいかも~と思い、買ってみましたよ。

 

私は使ったことがないんですが、VITALISMはスカルプケアシャンプーを先に出してるんですね。頭皮の環境を整えて、薄毛を予防するシリーズ。

そのシリーズから白髪染めが出たというわけですね。

パッケージはシンプルでかっこいい感じ

色はブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色。私はいつも通り、ダークブラウンを選んでみました。

 

さて、この白髪を染めてみます

 

VITALISMは乾いた髪にも、シャンプー後の濡れた髪にも使えるタイプです。他のトリートメントタイプと同様に、乾いた髪に塗布する方がより良く染まるみたい。

というわけで、今回は乾いた髪に塗布してみることにしました。

液はわりと柔らかく、ヌルッとしてます

手のひらに出すと、ちょっと滲んで、色が付きます。なので素手では扱わない方がよさそう。手袋をするか、コームかブラシを使う方がいいと思いますね。

香りはハーブっぽい香り。パッケージには、ハーバルフローラルの香りと書かれてましたが、個人的にはフローラル部分は全く感じませんでした(笑)

甘くないというか、華やかではない香りでしたよ。

 

白髪に塗布して、待つこと20分。シャンプー後に使う場合は、10分くらいとのことですが、どちらにしても待ち時間は長いですね。

でも一時期、とにかく待ち時間を短く!という感じでどんどん放置時間が短いものが増えたんですが、そういうすぐに色が入るものって添加物も多い傾向があるんですよね。

それで、続けて使うのは敬遠してたんですけど、最近はまた、10分くらい待ってね、というものが増えたように思います。

地肌に刺激を与えず白髪に色を入れるには、やっぱり時間短縮は難しいのかなって思います。

 

このVITALISMも、地肌と髪への優しさに注力してる製品なんですよね。

配合成分を見ても、リピジュア®、ポリクオタニウム-61、ローヤルゼリーエキス、アルガニアスピノサ核油、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキスと、保湿成分が多く配合されてますし。

白髪・黒髪の区別無く、また地肌にも優しい、アロエ、アルガンオイル、植物エキス、コラーゲンもたっぷりなので、地肌についちゃっても構わないんですよね。

白髪染めって、基本的に頭皮には付かないようにしてね、というものが多いので、こういうのはなかなか嬉しいです。

 

20分少々待ち、シャンプーして乾かしたところ、こんな感じに

全体的にうっすらと色がのりました。

使ったのはダークブラウンでしたが、かなり薄くのりました。染まらないんじゃなくて、色味が薄いのね。って感じ。

地毛が明るい人でも、ダークブラウンにしておいて良いかも。私はブラックを使えば良かったかな?と思いました。

 

地肌と髪のための保湿成分も多いし、使い心地も悪くないです。個人的にはレフィーネヘッドスパと、良い点が似ているなーと思いました。

頭皮にトリートメント液がついても構わないので、地肌キワキワからちゃんと色がつけられるし、髪の補修力は高くツヤツヤになるし、悪くない白髪染めトリートメントでした。

難点をいえば色んなお店で売られてないことでしょうか。

自然派の化粧品を販売しているお店で売られていますが、近くで見つけにくいなら、公式通販ページを利用するといいですよ。

VITALISM Kuloの
公式ページはこちら

 
こちらもどうぞ

利尻ヘアカラートリートメント

利尻といえば、地名ではなくヘアカラートリートメント、というくらい、利尻ヘアカラートリートメントって有名な製品だと思います...

 

このページの先頭へ戻る