白髪染め体験記

山田養蜂場 ヘアカラートリートメント

山田養蜂場といえば、ローヤルゼリーなど、美容サプリメントの印象が強かったんですけど、いつの間にか化粧品の方が有名になってますね。

もともと、ハチミツは唇や髪の保湿などに昔から使われていたそうですから、自然なことかもしれませんね。

髪と地肌を保湿してくれる白髪染めも作っているというので、使ってみましたよ。

注文してから2,3日で届いた荷物が、思いのほか大きかったのでちょっと驚きました(笑)

何が入ってるんだろ、と思ったら、毛染めブラシと上手な使い方の冊子などが梱包されてました

山田養蜂場ヘアカラーが届いた箱の中

ブラシやコームがついてくる製品って、色が染まりやすいものが多いイメージがあります。

素手で使うと、手指に色が残ってしまうので、これを使ってね、というメーカーの気遣いかなって思ってます。

 

チューブは大きめで、ツヤツヤしたタイプ

山田養蜂場ヘアカラーを、手に持っているところ

色はダークブラウンだけみたいですね。

見た目は滑りそうなチューブですけど、うまいこと手にひっかかる素材で、扱いやすかったです。もっとも、手が濡れてるとやっぱりちょっと滑りますけどね。

シャンプー前でもシャンプー後でも使えるタイプなんですけど、どちらかというとシャンプー後に使うのがお勧めみたいです。

整髪料や汚れが残っていない、キレイな状態で使って欲しいみたいですよ。

 

と、いうわけで私もシャンプー後に使いました。

使ったのはこの白髪です

染める前の白髪

伸びた白髪だけでなく、前に使ってたカラートリートメントがすっかり褪色して、真っ赤になってますね^^;

なので今回は、リタッチではなく髪全体に液をのばしてみました。

 

液はサラサラしていながら粘度も感じます。これはハチミツ由来の、オリジナルハチミツヘアバターというのが使われているからみたいですよ。

山田養蜂場ヘアカラーの液を手に出しているところ

よく絡むので髪にくっつきやすかったです。でもそれだけに、素手で使うのはやっぱり向かないみたい。爪の間とか、皮膚のキメの間にけっこう染料が入り込みます。

付属のブラシを使っておくのがいいと思います。

 

不満を感じる点はほとんどなかった山田養蜂場ヘアカラーなんですけど、難点がひとつ。待ち時間が長いんです。

日常的には5分程度で良い、ということなんですけど、実際やってみたら5分ではほとんど色が入りません。

では色を入れるにはどのくらい待てばいいかというと、20分くらいかかるんですよね~。

シャンプー後に塗布して20分待つ、のはなかなか、ハードルが高いと思います・・・最近は、短い時間でよく色が残るものがあるので。

さすがに20分待つと、このようにしっかり入ります。

山田養蜂場ヘアカラーで染めた髪

染まったな~って感じですよね~。

翌日、シャンプーすれば多少は落ちますが、トリートメントカラーの色落ちとしては標準的ですね。

だから1度染まってしまえば、あとは毎回20分とか待たなくていいとは思うんですけどね。

 

山田養蜂場ヘアカラーは、髪の修復力が高いのも特色ですね。

ハチミツ由来の成分の、ハチミツアミノ酸とか、ローヤルゼリーエキスとかも使われてるし、そのほかにカカオなどの植物性油脂、お茶の実オイルやベルガモット果実油などが使われています。

自然由来の補修成分やコーティング成分で、染まった髪をよりキレイに仕上げるようにしてるみたいです。

確かに、使った後は髪の手触りがスルスルになりますね。

 

山田養蜂場ヘアカラーは、あまり時間をかけたくないとか、髪の傷みはそんなに気にならない、という人にはおすすめ出来ないかな~と感じました。

でも時間をかければしっかり染まるし、髪の補修力も高い。じっくりと白髪の手入れをしておきたい、という人には良さそうと感じる白髪染めでした。

 
こちらもどうぞ

Bbヘアカラービューティトリートメント

プラセンタコスメで有名なビービーラボラトリーズから、白髪染めも出ているというので買ってみました。 もちろん、原料にはプラ...

 

このページの先頭へ戻る